自習席&夜の進路相談情報
    19日(水) @コマ目
    20日(木) @コマ目
    21日(金) @ABコマ目
    24日(月) @コマ目
    25日(火) Aコマ目
    26日(水) @Bコマ目
    27日(木) 空席なし
    28日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年06月15日

【塾ティ】まるたけえびす/藤村

お久しぶりです、藤村です! 本当に久しぶりなので簡単な自己紹介をします。

僕は京都大学工学部電気電子工学科に所属しています。また、少林寺拳法部にも所属しています。もうすぐ引退なので泣いています。100%嬉し泣きです笑 この塾でお世話になり始めたのは約2年前からで、ブログの担当はこれが3回目になります。



さて本題に入りますが、今回は京都の通り名の覚え歌について書きます。京都人は学校で教わるらしいので馴染み深いかもしれませんが、僕にとっては新鮮だったので紹介したいと思います。

京都の特徴の一つとして、市内に見られるような東西南北に直交する碁盤の目状の道路が挙げられます。これらの道路の名前を全て覚えるのは大変です…(別に覚えなくてもそんなに困らない気はしますが)

そんな時に役立つのが通り名の覚え歌です! 実際どんなものなのか聞いてみましょう。下の動画を再生してください。

https://m.youtube.com/watch?v=54DSRc54n1o


この覚え歌は通り名の頭文字を取って歌にしており、簡単にいえば語呂合わせです。東西の通りと南北の通り、それぞれの覚え歌は、その歌い出しから丸竹夷(まるたけえびす)、寺御幸(てらごこう)と呼ばれています。

興味があれば、どの歌詞がどの通りに対応しているのか調べてみてください。また、どちらの歌にもいくつかのバリエーションがあるようなので、それを調べてみるのもいいでしょう。


以上、京都の通り名の覚え歌でした。実生活で使う機会はほとんどないかもしれませんが、ちょっとした話のネタにでもしてもらえると嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!



次回は、浅井先生お願いいたします!

posted by KKCKKC at 13:41 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月08日

【塾ティ】お久しぶりです!

お久しぶりです,馬見新です!
新年度初ということで軽く自己紹介させていただきます!

現在私は京都大学大学院の2年生で,飛行機の材料について研究しています。
塾は今年で5年目ということで,長いことお世話になっているなあと感じる今日この頃です。
(最近はレアキャラになりつつあります,すみません,そして寂しいです)


さて,本題に入ります。
私事ですが,ここ最近はあんまり旅行に行けていないことに気づいたので,かつての旅行のことでも思い出してみます。


旅行自体は結構好きで,中でも自然を感じることができる場所が好きなのですが,ここは死ぬまでにもう1度行きたい!という場所があります。


それは,「スリランカ」です!
地理を勉強中の皆さん,首都はどこですか?
「スリジャヤワルダナプラコッテ」ですね,長いですね〜〜


そんな(?)スリランカですが,私にとっては世界遺産「シギリヤロック」がとても印象的でした!


シギリヤロックは360度見渡す限りのジャングルの中にたたずむ,巨大な岩(標高370mだそうです)のことです。(下に写真を載せます)
この光景を見ただけでも自然の雄大さが感じられるんですが,シギリヤロックの魅力はこれだけではありません。


岩の上へと登ることができるのですが,その岩の上にあるのはなんと「文明」です!
かつての王宮の証として,水路や庭園,壁画が残っています。
この王宮が生まれたいきさつとしては,カッサパ1世が父を殺してしまった後悔や,兄弟間の諍いなど少し悲しい物語があるみたいです。
詳しく知りたい人は是非調べてみてください,いや,行ってみてください!


ちなみに,スリランカは3食カレーでした。


次は藤村先生お願いします(´◉◞౪◟◉)

【写真1】
馬見新ブログ写真1.JPG
【写真2】
馬見新ブログ写真2.JPG


posted by KKCKKC at 16:31 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月01日

新・川本

こんにちは。
息子(3ヶ月)がよくわからない言語でめっちゃ話しかけてくるのでそれだけで嬉しい川本です。
お久しぶりです。

皆さん元気にしていますか?
私は、教育研究センターを離れてから授業やら試験やら研修やら補習やら検定やら部活やらで爆速で2ヶ月を過ごしました。

つい先日、職場の方からこんなものを頂き、テンション上がっています。
川本ブログ写真IMG02773.jpg


そして、今日は皆さんに報告しておかなければならないことがあります。
それは、





「たんばミニ」新品未開封 落札
です。
以前、ブログにも書きましたが、私が愛して止まないカードゲーム(絶版)です。
新品未開封品となると恐らく世界でも数えられるほどしか存在しない神アイテムです。
たんばミニが私の手にある=虎に翼状態
これで精霊界を通って100万段の階段を登って天国へ行けそうです。(たんばの設定こんな感じ)

話変わって今日は6月1日ということで、正月からほぼ半年経ちました。
受験生は、時間の経つスピードを感じて焦って下さいね(笑)
それではまた皆さんとお会い出来る日を楽しみにしています。
講師陣の指導も見たい!
代休とかで平日京都に行ける日探します★


では、次回のブログは馬見新先生お願いします!!

posted by KKCKKC at 15:49 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月25日

【塾ティ】新人シリーズ第四弾!

はじめまして
加藤仁志と申します。

最近の悩みは食べても食べても太らないことです。

教育研究センターには高校の時、同じ高校に通っていた荒井君に誘われて入りました。
そして今年度から同志社大学経済学部に入学しました!
よろしくお願いします!!

大学の話をしようと思ったのですが、ネタが被りそうなのでやめておきます。

好きな科目は西洋史、、、
ということで今回はコーヒーの歴史と現在について語ります!!

コーヒーの原産はエチオピアだと言われています。
12世紀にエチオピアから現在のイエメンのモカ港という港にコーヒーが運ばれ、スーフィーと呼ばれるイスラーム教神秘主義者がコーヒーの飲用を始めました。その後全世界に広まっていきます。

17世紀のイギリスでは、水がきれいではなかったために、ビールが水の代わりの飲料となっていました。さらに水の値段はビールの値段よりも高かったのです。
しだいに飲酒が悪徳とみなされ、対してコーヒーは「醒めた」議論のできる飲み物として普及していきました。

ロンドンにできたコーヒーハウスでは情報交換の場となり、そこから現在の新聞や、ロイズなどの保険会社が誕生しました。

現在では、一般にコーヒーベルトと呼ばれる地域に含まれる国の経済水準は低く、モノカルチャー化しているところが大半です。

そこで、フェアトレード・コーヒーが売られるようになりました。しかし、人はフェアトレード商品であると、品質が劣っているのではないかという先入観に陥ります。確かに、フェアトレード商品を買っている人はあまり見たことがないような気がします。。。

最近ではスターバックスコーヒーで5%をフェアトレード豆とするとした結果、大企業の売名行為であると批判されていました。



長々と書きましたが、コーヒーは健康にも良いと聞くので、みなさん毎日1杯飲みましょう!!

以上です!!!!!!


次回のブログは………………

posted by KKCKKC at 17:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月18日

【塾ティ】新人シリーズ第三弾!

こんにちは、初めまして荒井裕ともうします。
小・中・高とサッカーをしていました。なので手を使う競技が苦手な男です。

中学2年生から大学進学までの間この塾にお世話になりました。
そして今年度から立命館大学の経営学部に進学しています!よろしくおねがいします!

今回は大学に入って思ったことを話します!
大学では、高校までのように先生が面倒を見てくれるようなことはほとんど無く、怒られることもなくなります。
一見、自由に見えるのですが、自分から積極的に行動して行かないと何もかもが知らなかったで通り過ぎてしまい、それってめっちゃ怖いことだなと思ってます。
こんな自分でも、なにかで他の学生と差をつけないといけないなと思い、TOEFL講座や簿記などにチャレンジしています!!

でもやっぱり大学は楽しいとこです、友達の幅も広がり、国際色も豊かになります!

部活と勉強の両立から今は遊びと勉強の両立に励んでいます。

短いですが、これで終わります!読んでいただきありがとうございます!!


次は加藤先生おねがいします^_^
posted by KKCKKC at 15:54 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月11日

【塾ティ】新人シリーズ第二弾!

初めまして、水田実佳ともうします。
何食べたい?と聞かれて、なんでもいいと答えて、友達を困らせるタイプです(笑)
基本食べ物はなんでもだいすきです^ ^
好きなことは、食べること、寝ること、喋ることです。

私はこの塾で3月まで約4年間お世話になっていました。そして今年の4月から滋賀大学の教育学部に入学しました。
塾講師として自分自身も成長できるように頑張っていきたいと思っています!
どうぞよろしくお願いします!

ここからは私の私生活についてお話しします。

5月に入り、大学生活にやっと慣れてきました。
高校までバレーボール部に入っていたので、大学でははもういいかな…と思っていたはずが、気がつくと結局バレーボール部に入っていました。やっぱりスポーツは心を通わせる1つのきっかけになると、改めて感じました。

それから高校と違うのは、通学です。私は高校まで自転車で通えるところに住んでいたので、電車で登校するのはとてもワクワクしていました(学校が始まって3日目ぐらいまでですが…)
今では朝の満員電車に乗って、学校に着くまでにすでに疲れています(笑)
また、1度寝坊をしてしまったことがあるのですが、それでもなんとか間に合ってしまったため、それ以降ギリギリの登校になってしまうことがあるのは内緒です^^;

こんな感じですが、大学は高校とは違う楽しさがあり毎日充実しています^ ^


短いですが、これで終わります!
最後まで読んでくださりありがとうございました!^ ^


次回は、荒井先生お願いします!
posted by KKCKKC at 14:24 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月27日

【塾ティ】新人シリーズ第一弾!

初めまして、鈴木貴博と申します。
出身は京都、趣味はサッカー、好きな食べ物はうどん、嫌いな食べ物はシイタケ。
3月までは生徒として教育研究センターに通ってました。
この4月から京都工芸繊維大学に入学し、塾の講師として皆さんの勉強をお手伝いすることになりました。
どうぞ、よろしくお願いします。

知的なネタが思いつかないので、大学生になって思うことを厳選して3つ書きたいと思います。完全に自分の話になるんですけど最後までよろしくお願いします。


@ 大学は思っていたより良心的

大学の教授って変わった人ばっかりで、アホな質問したら怒られたりするのかなと勝手に思っていたんですけど、実際は授業を止めて質問しても大歓迎されるようなことがほとんどで、講義も対話型で高校までの点数を取る為の勉強とはまた違って、遊び心を持って学問と向き合おうぜという雰囲気がいい感じです。
授業の登録(大学は受ける授業を自分で決めます)のアドバイスをもらうためだけに教授を訪れた時も丁寧に説明してくれて、その上に研究室を覗かせてもらうこともできました。興奮しました。


A めっちゃ飲むやん

大学生ってこんなに飲むもんなんですね。最初は先輩の酔い方に正直ビビったんですけど、大学一おとなしいと言われている部活の新入生歓迎会に行ったときも、皆さん結構飲まれていたので、大学生とはこうゆうものかと、単に自分が世間を知らなかっただけなのかと納得しました。
とは言っても、お酒は二十歳から。僕は成人するまでアルコールの摂取を断固として防ぎたいと考えております。
そこにいた先輩たちも、全員例外なく成人されていました。

…はずです。

たぶん。

 
B 新たな趣味がほしい(最終サッカーに戻りそうな気がしないではないが…)

大学院を含めると6年間という長い期間を、勉強だけで過ごして行く自信はないので、サッカーを超える新しい何かを探し中。ギターをやろうかなと思ったんですけど何か違う感じ。というより音楽苦手かも。
今は雄大な大自然を相手にすることに少し興味ありな感じです。
 

…こんなところです。淡々と僕の現状について述べただけで、面白さに欠けましたことをここにお詫び申し上げます。
最後まで読んでいただいて有難うございました。

以上、新人シリーズ第一弾でした。

次は水田実佳先生にお願いします。
posted by KKCKKC at 16:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

【塾ティ】"I'm sorry."を誤用する日本人/二村

「はじめまして」というには、この塾で働き始めてからだいぶ時間が経ってしましました。しかしどういう訳かブログの指名を回避し続けて今に至ります。

こんにちは。はじめまして。二村です。

僕のことがわからない方、よく村田さんや片山さんに「無駄にでかくて邪魔」と言われているやたら身長が高い人を見たことがあれば、それが僕です。
あとは塾の講師紹介のコーナーで探してください。

自己紹介をするもの今更な感じがあるので、
今回は日常から生まれる思いがけない誤用について話そうと思います。


日本人はよく「すみません」という言葉をよく使いますね。
例えば、ご近所づきあいで何かをもらったりすると、お礼の言葉は「いつも、すみませんね」だったり。
道端で何か落とした時に、拾ってくれた人に対して「すみません」と言ったり。

日本人は謙虚な心を持つ、と言われる1つの理由がこれなのかもしれません。

その一方で「ありがとう」という言葉はあまり使わない、というか時には言うことすら恥ずかしい、と思う人が多いのではないでしょうか。
上に示した2つのようなシチュエーションの場合、どちらかというと「ありがとう」といった方が適切かもしれません。でもあまり言わない。

実は、これによって思わぬ弊害を受けているのが英会話なんだそうです。


これは、僕が高校まで通っていた英会話のネイティブの先生が言っていたことですが、
「日本人は"I'm sorry."と"Thank you."を誤用する」んだとか。

先生曰く「"Excuse me."と"I'm sorry."を混同しているのはまだわかるけれど、私が来日してしばらくはなぜ『ありがとう』と『ごめんなさい』を混同するのかわからなかった」そうです。

これは、日本人が「すみません」を「ありがとう」と言うべき場面で使うからではないか、とその先生は言っていました。

英語の"Excuse me."は「ちょっと失礼!」みたいな感覚。人ごみをかき分けて走る時なんか(ドラマか笑)につかう「すみません!ちょっと通してください!」のすみませんはこっち。

そして"I'm sorry."は、「本当にごめんなさい」とかなりの反省の意がこもった言葉です。なので「すみません」というよりは「ごめんなさい」のほうが訳として適切。日本語の「すみません」に含まれるような感謝のニュアンスはありません。
それなのに、日本人は"I'm sorry."と言ってしまう。

これは、日本語の感覚を抜け出せていないからですよね。

この例にとどまらず、日常の感覚から抜け出せていないから理解できないことって、とくに中学・高校の勉強には多いかもしれない。
例えば、物理がよくわからない、とか数学の図形の定理が成り立つ意味がわからない、とか。
それが日常の延長として理解出来たら、間違いなく一番いいんでしょうけど、人はそれぞれ感性が違うので、そうできない人がいることも間違いない。
そんなときは、もう割り切って「よくわからないけどそれが成り立ってしまうクレイジーな世界だ!」と思ってしまうといいかもしれません。僕の高校での物理の勉強は割とそんな感じでした。


何の話だか分からなくなってしまいました。
このブログが、勉強に行き詰っている誰かの役に立てたら嬉しいです。



さて、次回から3月にこの塾を卒業し、4月からは先生として塾にかかわり始めるフレッシュメンバーです。
まずは鈴木貴博先生にお願いします。
posted by KKCKKC at 14:23 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月06日

無題3

前回のブログより、早6年が過ぎました。体感的には3週間ほどしか経っていないように感じる不思議。
最近は歳のせいか、1年があっという間に過ぎ去っていくので、まあそのせいでしょう。ソウダ、ソウニチガイナイ。
はい、どーも。村田さんです。声、高めです。

さて、4月ですね。今年も4分の1が終わりましたよ。

4月と言えば、何ですか。
・・・そう、クイズです。異論は認めません。
なので、今からクイズを出します。曲がりなりにも塾のブログなので漢字の問題とかにしましょうかね。

では、第1問 ジャジャン!
次の文のカタカナを漢字にするとどうなるでしょう。後の1〜3より選んでみて下さい。
・カツを入れる 
1,「活」 2,「勝」 3,「喝」


はい、時間切れー。

正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,「活」です。意味は落ち込んだ人を元気づけるという感じですな。
3の「喝」を選んだ人が多いのではないでしょうか。叱りつけるという意味ではないようです。


では、盛り上がってきたところで、いよいよ最後の問題です。 ジャジャン!
次の文のカタカナを…(以下略)
・絶タイ絶命の危機。
1,「体」 2,「対」 3,「鯛」


はい、時間切れー。


正解は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,「体」です。絶対絶命としないように注意です。


いかがでしたでしょうか。やはり漢字は、難しいです。今は携帯やPCで変換するので、漢字を書けなくなっている人がすごく多いようです。かくいう私もその一人です。
特に中学生・高校生の皆さん。文章を書くときは、できるだけ漢字を使うようにしましょうね。だって、日本人だもの。


以上です。ネタがないとこんなもんです。本来なら抱腹絶倒のブログをお送りするところですが、まあとりあえずこのブログをご覧の皆さんが、楽しい午後のひと時を過ごせたと確信しております。



次は誰が書きますか。挙手して下さい。


はい、では上山先生お願いします。
posted by KKCKKC at 16:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月25日

【日記】感謝/木村

あと少しで桜の季節、別れと出会いが重なり…。


今回のブログ担当は木村でございます。

ブログでの発表から今日まで感動と感涙の最終章カウントダウンの毎日でした。

プログの文章とスカートは短い方がいいと聞いていますが、少し長文です。



家庭教師部門のある生徒(タツヤくんなので)Tくんの事務所通いからいつの間にか個別塾が始まりました。当時の私は塾をする気もなく、ただTくんの公立高校合格を目指してのマンツーマン指導が始まりました。
それが10年前。

それまでの業務形態とは全く違う仕事。塾運営などまったくわからず、しかし会社を維持するためには業務の幅を広げなければいけない時期でもありました。そんな時に出会えたのが川本先生でした。


スタッフ片山から家庭教師登録者で良い人材がいます。男前です。ぜひ顔合わせをしてくださいと。


髭を生やしたちょっとチャラキャラの男の登場、頭のキレ、指導の仕方、コミニケーション能力も抜群、塾を運営するには救世主でした。

2006年当初は事務所にテーブル3卓のみ、生徒も10名程度でした。一人も生徒がいない時間も多く、不安だらけの船出でした。それが生徒さまからのご紹介、ご縁の繋がりでいつの間にか生徒が増えだし、2009年ごろには今の個別塾の基本形が出来上がりました。どのような塾を目指せば良いのか、生徒に提供できる環境の整え方などを当時はまだバイト塾講師の川本先生とたくさん話し合いました。
たくさん一獅ノ飲みました。食べました。飲みました。

私は痛風になりました。

生徒と講師の距離を近く、できるだけ楽しく勉強できる塾でありたい、それが川本先生が残してくれたこの個別塾の指導方針、「魂』です。

この一年間は川本先生の集大成の年でもあり、カリスマ指導の川本を慕い長くお通いいただいた高校三年生の国公立大学受験がありましたので、川本卒業の発表は遅くなってしまいました。

3年前に教職を取りたい、そのために佛教大学に通いたいと相談がありました。その時がこのカウントダウンの始まりでした。数学教師として教壇に立てるようにできるだけ協力してあげたいとの思いがありました。佛教大学での受講、テスト、教育実習などがあり、スケジュール調整がたいへんな時期もありましたが、無事に教職を取得されました。そこには個別塾責任者村田の最大限の協力がありました。

そして教員採用試験合格後は、どのような形で送り出そうかと。

10年前の出会い、仕事に対しての喜びと苦悩、数々のイベント、人の繋がりと広がりなど一つ一つを思い出しながら感謝の気持ちをストレートに伝えられる楽しい別れの演出ができないかと。



塾講師の皆さん、
今年度の指導ありがとうございました。次年度も人の繋がりを大切にする個別塾を目指しましょう。ご協力お願いします。

中村先生、山口先生、木下先生、
ご卒業おめでとうございます。長くご協力いただきましてありがとうございました。4月からは社会人としてのご活躍を期待しております。また事務所にお寄りください。


そして川本先生、
本当に長くお勤めいただきありがとうございました。あなたにこの個別塾の礎を築いていただきました。感謝いたします。

4月からは常に向上心を持っているファンキーな教師を目指してください。ちょっと疲れた時には「力(リキ)の湯」ではなく、オアシス事務所に顔を出してください。

あなたの魂を引き継いだ生徒が今年も春から塾講師として協力していただきます。本当にありがとうございました。

最後に生徒に愛されている川本先生のフットサルイベント時の動画をお楽しみください。

ありがとうございました。

posted by KKCKKC at 00:14 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月16日

【日記】地球とサッカーの関係性 〜色彩に見る、歴史的考察を経て〜/片山

中学生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

あっという間の3年間だったのではないでしょうか。中学の最後に「受験」を経験をして(経て)、その中で、挫折や葛藤があり、いろいろな思いを乗り越えて(経て)高校生になるということは、とても意味のあることです。

中には、希望する学校、コースに行けず、悔しい思いをした生徒もいると思います。

ただ、高校がゴールではありません。どの高校に進んだかということではなく、進学した高校で、どのように過ごすか、何を学ぶかが重要です。

もちろん勉強だけではなく、いろいろな人と出会い、様々な経験をすると思います。
個人的な話になりますが、私の高校時代は、間違いなく中学校の何百倍も、何万倍も楽しかったです。
一生の友達に出会えるかもしれません。自分を劇的に変えてくれる恩師に巡り合うかもしれません。進むべき道が、将来が、決まるくらいの経験をするかもしれません。

でも、何もしなくても高校生活はあっという間に過ぎ去っていきます。
どんな3年間になるのかは、自分次第です。

それぐらい大切で、希望に満ち溢れた高校生活が4月から始まります。もちろん義務教育ではないので、責任も今よりも大きくなります。
そうした中で、皆さんがどうやって大人になっていくのか本当に楽しみにしています。


さて卒業といえば、先週、教育研究センターにも激震が走りました。
全米が泣きました。

川本先生の卒業が発表されました。
思えば、川本先生との出会いは、彼がまだ学生で、家庭教師として研修に来たときでした。
そこから、シイタケ苦手話で盛り上がり、同盟を結び、現在にいたります。

そこからいろいろなことがありました。
毎年キャンプに行ったこと。キャンプで気持ちよく目覚めた朝、テントの中にカブトムシを放り投げられ、パニックになったこと。

原付の免許試験に、京大生の、塾講師の、カリスマの、あの、川本先生が落ちたこと。その時にたまたま一緒に受けていた教え子が合格していて、教え子から、次回のために問題集を譲り受けたこと。

平成22年2月22日、22時22分の切符が欲しくて、2人で、その時間になるまで1時間も券売機の前で待ったこと。僕たちの後ろにはたくさんの行列ができていましたね。

ボーリングの勝負で、最後の一投まで勝負がもつれて、とても盛り上がったこと。
勝ち続けていた卓球で、初めて川本先生に負けたあと、それから2年近くも勝負を拒否され続け、勝ち逃げされるところだったこと。
大人げなかったです。
ボーリングも卓球も、今のところチャンピオンベルトは片山が保持してます。でももう勝負はしません。

さらには、川本先生が作ってくれたチキンカレーがほんとに美味しかったこと。朝方まで遊んで、朝に食べたそのカレーが、さらに美味しくなっていて叫んだこと。

事務所のOBたちと神戸に遊びに行ったとき、お忍びの川本先生に偶然出くわしたこと。
神様は見ていますよ。

川本先生が、塾の生徒にデート現場を目撃されたこと。
神様は見ていますよ。

弁当買って来てと彼に頼んだとき、シイタケ入りの弁当を、あえて買って来たこと。そして結局ゲームに負けて自分で食べるはめになったこと。
ほんとに、今でも意味がわかりません。

いろいろなことがありました。

忘れもしません、平成24年12月24日の冬期講習の理科の講義。トナカイのかぶり物をした彼が現れ、その姿のまま、授業を行いました。
まじめに。

なんのボケもなく。

そのかぶり物の話題に触れることもなく。
最後まで。

その姿のまま。

そう
あの日彼は伝説となりました。

ただ、彼に聞くと、「あれは僕ではないんです。都合が悪くなったので、牛丸さんという方にお願いしたんです」と。
そう話す彼を、12月の優しい光が包み込んでいました。

またフットサル大会では、忍者の格好で参加し、走り方、プレースタイルも忍者のそれのようだったこと。
さらに誰も気づかない間に、後半は忍者から侍(サムライ)姿に変わっていたこと。

そして、「忍者とサムライでは、走り方も変えていたんです」と、自慢げに話す彼の目は確かに澄んでいました。

そんな彼も卒業します。
ただ、離れていても大丈夫です。

だって地球は丸いから。

そして、私たちには川本先生の魂を受け継いだ素晴らしい講師陣がいます。
さらに、今年高校を卒業した塾生の中にも、教育研究センターで、講師をしたいと言ってくれている生徒もいます。

なので、川本先生には安心して旅立って欲しいです。

大丈夫です。

だって地球は青いから。

空も青いから。
海も青いから。

サムライブルー。
頑張れサッカー日本代表。

20100222233531.jpg

483296_403473396400036_605613731_n.jpg

1489677397495-1.jpg1489731472132-1.jpg



posted by KKCKKC at 23:14 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

【日記】無題2/村田

流れる季節の真ん中でふと日の長さを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、村田さんです。

川本さんから指名されましたので、仕方なく喜んでブログを書かせていただきます。前回は6年前だそうです。GE・KI・レア☆です。ちなみに過去の記事を探すことは許しません。

今回はボケなしでいきます。

さて、3月も半ばが過ぎました。春ですよ。
春と言えば出会いの季節ですが、特にこの4月から新しい高校や大学、もしくは新しい職場など環境が大きく変わる皆様に、私からありがたいお言葉を1つだけ申し上げたいと思う次第でございます。心して聞け。

「環境が変わる」とは、いろんな要素を指しますが、私が思うに、一番大きな変化は、周りの人間の多くが知らない人たちになる、ということではないでしょうか。
これは、楽しみでもあり、不安でもあります。
その中には自分と同じ趣味や近い考えを持っている「合うひと」もいれば、当然「合わないひと」もたくさんいます。世の中には本当にいろんな人がいます。育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めないのです。セロリが好きだったりすることもあります。

では、そういう「合わないひと」と出会ったときにどうしましょう。その人を避けてしまえば簡単かもしれない。自分だけが心地いい空間を楽に作れるかもしれない。
けど、そういう人の意見もちゃんと聞いてみましょう。受け入れるようにしてみましょう。「自分とは合わないから、あの人とは付き合わない」という判断ばかりだと、世界が広がりません。最初は「合わない」と思っていた人でも、すごく仲良くなれることもあるかもしれません。

そういう色んな人がいる中で大切なことは、自分の意見をしっかり持って、周りに流されないことと、時には自分の意見を抑えて周りに合わせることです。
新しい環境で、自分も周りの人たちも心地いい空間を作ってみてください。

そして、もうひとつ。
春と言えば別れの季節とも言います。
が、離れることとお別れすることは違います。会おうと思えばいつでも会えます。
寂しく思いますが、悲しくはありません。本当に悲しいことは、その人を忘れてしまうこと、忘れられてしまうことです。だから、今いる友達や周りのひとたちを忘れないようにして下さい。そして、忘れられないようにして下さい。
距離が離れてしまっても、大したことはありません。ただの距離です。
だから、私は1年ぶりに会えた人も5年ぶりの人も10年ぶりの人も、いつも通りにしています。忘れていないからです。
「ひさしぶりに会うのに全然びっくりしない!」と、某Aらき先生からはよく文句を言われますが、彼のことはたまに忘れています。

それはさておき、これから皆さんが出会う人の多くがそういう人であればいいなと心から祈っております。



・・・いまいち何を言っているのかわからなかった人。安心して下さい、私もよくわかりません。
まあ、なんとなーくの雰囲気が伝われば良しとします。



さて、長くなりましたのでこの辺で筆を置こうと思います。


では、また6年後にお会いしましょう。(了)
posted by KKCKKC at 16:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

【日記】最後に/川本

こんにちは。
生後2週間の息子の動画ばかり見ている川本です。

突然ですが、今回少し長くなりますが、皆さんに報告があります。

私、川本は、この3月末に教育研究センターを卒業します。

教育研究センターには、学生時代のバイトからお世話になり、もう10年以上になります。

最初に、家庭教師登録をして、初めて事務所に電話をしたときに木村さんが出たことを覚えています。
派遣前に片山さんと電話で話したことも覚えています。
初めての忘年会で酔っていた村田さんも覚えています。

派遣先の家庭教師だけでなく、体験授業や学生なのにウェブページ、教材、広告の作成や営業までさせて頂き、プライベートでは木村さんの娘さんの誕生日会、木村さんの同窓会、キャンプ、片山さんの結婚式、マツダなど、学生にとって貴重な多くの体験をさせて頂きました。

そして、改めて、この塾の初期に関わることができて本当に幸運に思います。この時期に子ども達と接する距離や頻度が高まったからこそ、今の自分があります。子ども達から多くのことを学び、教育というものがこれほど面白いものなのかと衝撃を受けました。

さらに、塾講師のみんなからもたくさん刺激を受けました。分野、バックグラウンド、考え方、性格が異なるのに魅力的な先生達ばかりでした。良い意味で変な人ばかりで(笑)

ここで学んだ多くのことを活かして4月からは公立高校の教員として働きます。

今日は、置き土産として川本のオススメの考えを皆さんに2つ紹介させて頂きます。

@常に経験値2倍アビリティ

高校生のときに思いついたので、当時の通りゲームっぽく書きました(笑)この世の中には、同じ事を同じ様に経験しているのに、人によって成長に大きな差が出る事はよくあります。それは、そこで出来るだけ学ぼうとする姿勢に違いがあると思います。また、学問的な範囲だけでなく、遊びやお使いや食事やおしゃべりの中でも、勉強になるという考えを持つことが大事です。ということは、いつも同じ事をするのではなく、新しいことに挑戦したり、全然違うジャンルの人と交流したり、人が経験していないことを経験することに大きな価値が生まれてきます。そのようなたくさんの経験を経れば、将来、きっと魅力的な人になることでしょう。

A一生懸命になる

一生懸命になってる人には、支援が集まるという言葉から。
株主優待生活の桐谷さんしかり、何かに一生懸命な人はとても美しいです。
そういう人に対して、私たちは応援したいという気持ちが湧きます。取り組む側として、「面倒くさい」、「飽きた」という言葉は極力使わず何事にも前向きに取り組めるよう意識してみて下さい。「一生懸命やって出来ない」は、「面倒くさくてやらない」「出来るけど雑にやる」よりも美しいのです。
逆に見る側として、結果だけ見るのではなく、途中のプロセスも見る人間になって欲しいです。川本が答えが合っているのに数学の途中式をしつこく要求してたのもこれ(笑)

オススメの考えは、以上です。


最後に

人の記憶はあいまいで、復習をせずに月日が経てば、忘れてしまうものです。それゆえ、時を経れば、私の名前すら忘れてしまうかもしれません。たまに川本の言葉を思い出して復習して下さいね♪

今まで長い間ありがとうございました。
いつかどこかで会えることを楽しみにしています。

さようなら。















パトラッシュ…
って、まだ3週間ほど塾で指導はしますので、精一杯一緒に楽しく勉強しましょう!教育研究センターは、日本一魅力的で面白くて生徒思いで色んな意味でツッコんでくれる塾です!塾生の皆さん、塾講師の皆さん、誇りに思いましょう!


川本最後の願いということで、
来週3/16のブログは、
「片山さんと村田さんの合作」
再来週3/23のブログは、
久々の登場「木村さん」
にお願いしたいです。

並行して伝説の荒木先生の火曜ブログ復活でも良いですけど(笑)

それではまた来週!

P.S.
ピッコロ大魔王から言うとマジュニア、亀仙人から言うと悟空&クリリンの小川先生をよろしくお願い致します。あ!ブログ3/30はクリリ…ゲフッゲフッ…小川先生で!

554395_383465238344645_1369715913_n.jpg

posted by KKCKKC at 13:28 | Comment(22) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月25日

【日記】2016〆みやげ/川本

こんにちは。

更新大幅に遅れまして申し訳ありません。
武力88 呉の武将 川本です。
依頼していた大物に直前に断られたので川本が勝手に更新を遅らせました。

実はというと、受験生が勉強に励んでいる中、24,25日とお休みを頂きまして、長野で、一歳下の従兄弟の結婚式に出席してきました。

母方のいとこは全部で10人、自分と兄を含めて12人いるのですが、その中で、一歳下の従兄弟と私は、11番目と12番目の二人で、家も近く、彼が一人っ子だったのもあり、兄弟のように育ててもらいました。

兄の結婚式とは違う特別な感覚があり、今までで一番感動したようです(あれ、おかしいな、目から水が…)。



そして、長野に行ったからにはお土産!
塾の皆さんに向けて、仕事用のカバン&スーツ&靴&お泊まりセット&引出物に加えて両手一杯に持って帰って来ている(進行形)お土産紹介をします!

@代表木村さんへ
辛いもの好きといえば
『八幡屋礒五郎七味唐がらしのカラムーチョ』
DSC05065.JPG

A片山さんへ
小さいお子様がおられるので
『KitKat信州りんご味』
LRG_DSC05061.JPG

B村田さんへ
大人のプリッツ派ならこれ
『野沢菜PRETZ』
DSC05063.JPG

C塾の先生達へ
大きい先生が多いので大きい
『ふじりんごPRETZ』
DSC05064.JPG

D生徒達へ
りんご買ってこいだの言われてましたが、その前に皆に食べてほしい思い出の味
『みすゞ飴 1kg』(みすずあめ)
DSC05067.JPG
(中身の写真無くてごめんなさい)

楽しみに待ってて下さい!



この記事が今年最後の更新となります。
来年も教育研究センターをよろしくお願いいたします。

良いお年を!



川本

P.S.来年はブログ担当指名制復活します!木村さん片山さん村田さんも指名されたら諦めて書いて下さいね(笑)
そこのOBOG、保護者様も油断は禁物(☆∀☆)
posted by KKCKKC at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月27日

【日記】音楽!バンド!ライブ!/川本

こんにちは。

今日で父を亡くして17年、人生の半分を超えました川本です。
お父さん!天界でブログ読んでくれてる〜?(笑)

前回は、【総集編】ということで、皆さんしっかり読んでくれてアクセス増えてます☆
ありがとうございます。

個人的な話ですが、今週土曜日は、生徒が勉強している中、お休み頂いて、専門学校の文化祭にバンドで出演する予定です。(rage against the machineとLimp Bizkitのコピー)

おっさんになっても、音楽ができるというだけで、幸せです。
高校時代、「大学に進学せず、音楽の専門学校に行って音楽をやりたい」と考えていたため、母親と大喧嘩した記憶があります。

今となっては、大学に進学して、様々な人と出会うことができ、教育という世界に出会うことができて、本当に良かったと思います。

現在、親と進路について、意見が対立してしまっている高校生もたくさんいると思います。
塾生でも、ちらほらそんな話を耳にします。


そんな高校生に
「今、求めているもの、夢見ているものは、異なる道を進んでも、
思い続ければ、違う形や違うタイミングで巡り会える」  塾孔子川本
という言葉をプレゼントします。

みなさんの道しるべになるように、教育界から音楽を提供するポジションを確立しようと思います(笑)

最後に大学のときにバンドで作ったオリジナルの曲を紹介します。



また、来週!

posted by KKCKKC at 16:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月14日

【日記】季節の変わり目会話/川本セリカ

こんばんは!!

セリカ&川本です。
今週は、激寒くなりましたね。
セリカさんは、朝起きれていますか。

起きれてないのですか。

寝るときは、温かい格好をしていますか。

は、半そでですか!!

風邪ひきますよ!寝るときは、長袖で温かくしてから寝ないと、朝大変なことになりますよ。
布団出られませんよ。

ですよねー。

二度寝大好きですか。

一緒です。

さ、三度寝ですか!?

大学生万歳!!

それでは、皆さんも風邪を引かないように気をつけて下さい!また来週!

P.S.セリカさんのセリフを想像で埋めて読めるようになれば、コミュ力アップします。
posted by KKCKKC at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月25日

【日記】見ました!/川本

こんにちは。

更新遅れましてすいません。
カワ・モトカです。

友達のライブの帰りに『シン・ゴジラ』見ました!
大満足です!
ただ、学力的なスタミナやグロテスク耐性がないと面白味を感じることができない敷居の高さは感じました。
半減期(笑)

野村萬斎!!

ではまた来週!

P.S.
友達のバンドカッコいい



体液最高!!
posted by KKCKKC at 11:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月25日

【日記】マッスルボディ墓参り/川本

こんにちは。

お久しぶりです。
川本マッスルボディ(※後述)です。
先週は、ブログお盆休みを勝手に頂いておりました。
ごめんなさい。


今日は、お墓参りの話です。
ohakamairi.png

先日、石切霊園にお墓参りに行ってきました。

石切のお墓には、祖父母、伯母、叔母、父の名が刻まれております。
兄も関東に住み、母親も足腰が悪く外出できないため、頻繁には行くことができない分、一生懸命
お墓の周辺に生えている草を取って、墓石も磨き、お花、ろうそく、お線香を供えてきました。
子どものときは、お盆やお彼岸など、親に連れられて、何となくお墓を掃除するのを手伝って、
何となく線香に火をつけて、何となく手を合わせていましたが、
ようやくじわじわと、「お参りすることの意味」が自分なりに分かってきました。


「ご先祖様とのつながり」「自分の存在」の確認として重要な役割を担っているのだなと感じました。
今いる自分というものは、ご先祖様がバトンをつなげてくれたおかげで存在をしていて、
自分の存在自体が奇跡に包まれているのだと実感しました。


「今ある環境に感謝する気持ち」は、あなたを大きく成長させると私は考えます。
私たちは、よく、失って初めてその物の「有難さ」に気付きます。

「電車が止まった」
「通信制限がかかった」
「恋人と別れた」
「携帯のデータ壊れた」
「病気になった」
「親が亡くなった」

有難さに気づいて感謝する。そして、失う前に自然に出来るようになって欲しい。
日常の当たり前にあるものに、いつもより気を留めて見て下さい。



皆さんの家庭には、お墓参りに行く習慣はありますか?
ぜひお参りをして、自分の周りの環境について感謝出来るように、定期的に心を整えましょう。


※川本マッスルボディ
タニタの体重計が家に導入されて、早速今朝使ってみたところ、
体重55.7kg、筋肉量46.5kgでした!ほとんど筋肉!!
スーテキ!スーテキ!フースキ!
ファッスフィ!ファッスブディ!
マッスルボディ!マッスルボディ!
s6ibek15az2DdsW_ESrsl_61.jpeg
posted by KKCKKC at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月14日

【日記】テストの点数を上げるには(永久保存版)/川本

こんにちは。

川本まじめです。
小学生、中学生、高校生のみなさん!あ、大学生、大人のみなさん!
今回のブログは、永久保存版です(笑)

今日のテーマは、「テストの点数」!

小学校から中学、高校、大学、就職、社会に出てからも資格のために、
人は、一生の中で、テストに何度も挑戦して成長した大人になっていきます。
おそらく良いテストの点数をとれば、親も喜ぶし、自分も嬉しいとみんな思っていると思います。

テストの点数を上げるには、
まず、テストの点数に関わることを整理する必要があります。
その中で、

@「何が足りていないか」を抽出し、
A「何をするべきか」を考え、
B「こうしていこう」と計画、実行すること

が、学力を上げながらテストの点数を上げる最善の手段です。




川本がまじめに分析、整理しました。

★点数を上下させる要素★

A 類似問題を解いた経験、完成度
B 単純ミス
C 問題の読み取り
D 時間配分の適切さ
E テストを作った先生が平均点設定した難易度と実際の学力とのズレ
 (実際の平均レベルの学力の生徒が解ける問題のそもそもの割合)


などが、ぱっと思いつきました。




具体的な2人の例で見てみましょう。

まずは、
【少志 出来流 ちゃん(すこし できる ちゃん)】の場合 第一回定期テスト数学

A 90%の範囲の類似問題を解き、80%の完成度
B 3%のミス
C 読み取りは100%成功
D 時間配分成功(時間が足りた)
E 平均点60あたりで、ほぼズレがなかった。

100点×0.90×0.80×0.97×1.00×1.00×1.00≒70点

(コメント)
なかなか良い点数ですね。テスト勉強もよくできていて、1問程度のミスはあるものの、
時間配分も上手くいったので、お母さんには、「まあまあ頑張った」
先生にも「少し○○ができる子」として評価してもらえそうです。
今後の頑張りどころは、「類似問題をもっとたくさん解き、理解度もあげる勉強」です!




続いて
【甘利 竹刀 くん(あまり しない くん)】の場合 第一回定期テスト数学

A 80%の範囲の類似問題を解き、60%の完成度
B 5%のミス
C 読み取りは90%
D 時間配分失敗(70%あたりで時間終わる)
E 平均点60あたりで、ズレがほぼなかった。

100点×0.80×0.60×0.95×0.90×0.70×1.00=29点

(コメント)
ピンチです。機嫌の良いときのお母さんにも怒られる点数です。
せっかく類似問題を解いたのに、完成度が低いので、同じ問題を繰り返し解いて、自力で解けるまで理解度を上げ、ギリギリまで問題に触れましょう。繰り返すことで、単純なミスも減らせます。読み取りは、今までの国語の力が関わっています。文章を読む練習が必要です。時間配分に関しては、80点90点をいきなり狙うのではなく、まずは解ける問題の見極めをして、解ける問題にだけ時間を使う作戦でいきましょう。




もいっちょ
【少志 出来流 ちゃん(すこし できる ちゃん)】の場合 第二回定期テスト数学

A 100%の範囲の類似問題を解き、85%の完成度
B 3%のミス
C 読み取りは100%成功
D 時間配分成功(時間が足りた)
E 平均点45あたりで、少し難しかった。

100点×1.00×0.85×0.97×1.00×1.00×0.75≒62点

(コメント)
前回に比べて、類似問題の演習量も密度も上がって、頑張ってテスト勉強に取り組んだことが見えます。
しかし、頑張ったにもかかわらず、点数が下がってしまっているため、親も数学が悪くなったと受け取ってしまい、挙句の果てに、唯一の味方である、自分自身もダメになったと考えてしまうのは、大問題です
Aの頑張り部分は、親にも先生にも間接的には見えにくい部分なので、「一人あたり15点下がるぐらい難しくなったテストを、8点マイナスで食い止めた」と自分自身だけでも、前回より頑張った部分を評価してあげましょう。(先生は、その分は考慮に入れて評価してくれていると思いますが)




最後に
あくまで、この点数計算は目安であり、今まで真面目に類似問題を解き、頭を使って考えてきた人は、
Aの類似問題を解かなくても、応用力、思考力で補うこともできます。
応用力、思考力がつけば、Eの難易度に対して、大きく揺さぶられることも減ります。

「点数が下がった」または「上がらない」と悩んでいる人は、A〜Eの項目を自分で分析してみて、どこを優先して努力するか計画を立てて、次のテストに挑んでみて下さい。


P.S.
中3の小テストでおなじみの川本オリキャラLINEスタンプ第二弾(動くスタンプ)承認されました。
アニメーションスタンプだから高い!そして売れてない!
https://twitter.com/rikioni2/status/749236953862709253
blogpngtop.png
posted by KKCKKC at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年06月10日

【日記】☆☆☆GETだぜ!(超短)/川本

こんにちは。

何よりも☆が欲しい川本です。

いつも内容が長いと疲れると思うので今日は短いブログにします。

bokete001.png

また来週!!
「ボケて」という皆が写真に対して一言ボケる優良webサービスから抜粋しました。
来週から教育研究センターの優秀な講師陣でローテーションしようと思います^^
posted by KKCKKC at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ