自習席&夜の進路相談情報
    16日(月) @Bコマ目
    17日(火) 空席なし
    18日(水) @コマ目
    19日(木) ABコマ目
    20日(金) @Aコマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年12月27日

冬期講習5日目

冬期講習5日目のご様子です。

【朝の自習時間のご様子です】
IMG_1884.JPG

IMG_1885.JPG

IMG_1886.JPG

ひとりひとりが、自主的にノートをまとめていますが、まとめ方にも個性が出て面白いです。
どの科目にも言えることですが、習うだけでなく自分から進んで勉強をすることは、必ず学力につながりますので、継続していただきたいです。

明日も寒くなるようです。風邪などをひかないように、うがい手洗いは必ずしてください。
posted by KKCKKC at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月26日

冬期講習4日目

冬期講習4日目のご様子です。

【数学の授業です】
IMG_1879.JPG

【数学の板書です】
IMG_1881.JPG

板書をしっかりノートにとれています。すごく集中していました。
IMG_1880.JPG

冬期講習も4日目が終わりました。日に日に勉強に対する意識が高まっているように見えます。
それと同時に、疲れも出てくると思いますので、明日の予習をした後は早めに就寝して体力を回復してください。
posted by KKCKKC at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月25日

冬期講習3日目

冬期講習3日目のご様子です。

【小テスト中】みんな真剣に取り組んでいます。
IMG_1878.JPG


【数学の板書です】
IMG_1874.JPG

【理科の板書です】
IMG_1877.JPGIMG_1875.JPG
IMG_1876.JPG

本日の数学の授業は図形の合同・相似、理科は電流と磁界で、苦手な人が多いですが高校受験には頻出単元です。
確実に身につくようにしたいですね。
では、明日もよろしくお願いします。

posted by KKCKKC at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月24日

冬期講習2日目

冬期講習2日目のご様子です。

一番早い生徒は9時前に到着されていました。
【朝学習の様子】
IMG_1861.JPG
IMG_1862.JPG

【国語の授業です】
IMG_1869.JPG

【社会の授業です】
IMG_1864.JPG

【理科の授業です】
IMG_1871.JPG

【数学の板書です】少し難しい単元なのでしっかり復習してください。
IMG_1873.JPG


小テストの問題が徐々に難しくなっていきます。今日より一つでも順位が上がるように、トップの人は順位をキープできるように頑張ってください。

posted by KKCKKC at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月23日

冬期講習1日目

いよいよ中学3年生の生徒様を対象に冬期講習が始まりました。

本日よりそのご様子をブログでアップいたします。


授業開始は10時からでしたが、多くの生徒様が9時過ぎには集合して、小テストに向けての自主学習に取り組んでいました。
やはり初日ということで、みんな緊張した面持ちでした。

【小テスト前の風景です】
12月23日小テスト中.JPG

【理科の授業です】
12月23日授業風景 理科.JPG

【国語の授業です】
12月23日授業風景 国語.JPG

【理科の板書です】
12月23日板書 反射・屈折.JPG12月23日板書 光の屈折.JPG

初日の授業、お疲れさまでした。
慣れるまでは大変だと思いますが、明日以降も毎日小テストを行いますので、早めに来て予習に取り組んでいただきたいです。

posted by KKCKKC at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月21日

【塾ティ】2018年に向けて/鈴木

こんにちは! 鈴木です。

いきなりですが今回は本を紹介したいと思います。
来たるべき2018年に向けて僕が紹介する本はこちら。


じゃーん!

鈴木ブログ1.jpg


マイブック(新潮文庫)です。
そしてこの本の最大の特徴はページをめくってみると一目瞭然。

鈴木ブログ2.jpg


ご覧の通りこの本には日付と曜日しかありません。


どんな風に使うかは自分次第!
手帳として利用してもよし、思い出を残すスクラップブックにしてもよし、オリジナルの使い方を考えるのもいいと思います。


僕の場合は日記帳として利用する予定です。
毎日続けて完成させることが出来たら、きっと何年経っても思い出に残る一冊になると思います。

著者が自分自身である文庫本の完成が待ち遠しい。

なんとか365日書き続けられますように…


興味のある方は大型書店なら必ずあると思うので、是非試してみてください!



次回は水田先生にお願いします。


posted by KKCKKC at 14:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月14日

【塾ティ】地球の反対側から/二村

こんにちは。お久しぶりです。二村です。


最近塾で僕を見かけないと思います。驚くことなかれ、僕は今、ほぼ地球の裏側にいます!!(白々しい)


二村1.jpg

▲こいつに乗って10時間

行かないでほしい、行かれると困る、と言われたことは嬉しかったですが、この半年はひたすら自己投資をしようと決めていました。そこで今回、半ば無理を言って2か月ほどお休みを頂き、アメリカに語学留学しています。

せっかくなので、今のアメリカ留学の概要を説明しますね。
短期留学を考えている生徒(これを読んでいると信じて)、講師の皆さんの参考になれば幸いです。
(もっと詳しい講師の方がいらっしゃるのですこし差し出がましい感じもしますが)

今僕が生活しているのは、ミネソタ州とノースダコタ州をまたいで発達している町、Grand ForksとEast Grand Forksからなるツインシティです。ホームステイ先がEast Grand Forks、学校がGrand Forksにあり、毎日州境をまたいで通学しています。面白いところに町ができたものだと思います。それとも町が先で州境が後付けなんでしょうか。時間があったら調べてみます。


2二村.jpg

▲ホストファミリーの家がある通り。のどかでいい街です。


調べてみるとわかりますが、カナダとの国境近くに位置しています。
(マップへのリンク:https://goo.gl/maps/t6WZ2NaRGyN2
比較的高緯度なので、昼間が短いです。朝の登校時間は真っ暗、夕方も5時くらいになれば真っ暗。
そして気候はなかなか挑戦的です。こっちに来た日は全く雪がなかったのに、翌朝(登校初日)にブリザード警報が発令され、昼から猛吹雪という洗礼を受けました。



二村3.jpg

▲12/4の昼間。写真ではわかりにくいですが猛吹雪です。
自宅待機勧告が出ました。


毎日真冬日は当たり前、来てから一番寒かった日は朝-15度、昼間でも-8度までしか上がりませんでした。
おかげさまで温度感覚はだいぶ狂いました。今では-5度は「暖かい」と思うほどです笑

通っているのは、University of North Dakota(以下 UND)に併設されているELS / Grand Forksという語学学校です。併設とは言っても、大学の学部の一つのような扱いになっており、建物が別で建てられているわけではありません。大学の施設を共有して使っています。1学期が4週間で構成されており、学期末には期末テストが行われ、GPA(評定平均)が算出されます。



二村4.jpg

▲通っている大学。広大な敷地面積を誇ります。


クラスは学力に基づいて4レベル(Beginner,Intermediate,Advanced,Masters)に分けられ、それぞれさらに3段階に分けられています。僕は今Advancedの3段階目(Level 109)で勉強しています。学期末のテストでGPAが2.0以上ならMastersに進むことができます。(ちなみにGPAは日本より厳しいです)

語学学校なので、とにかく英語の勉強をしています。数えたら週30時間英語でした笑
このセメスターは毎日
1、2時限目:Structure and Speaking Practice
3、4時限目:Reading and Writing
5時限目:Language Technology Center
6時限目:Speech Communication
で4週間です。今のところ理解できているので楽しいですが、テストが近くなるとそうも言っていられないのかもしれませんね (笑)
どの授業も学術的に英語を適切に使うことを前提に進められます。通じればOK、とはいきません。文法的にも、単語の選択も、文章の構成も、徹底的に正しく使うことを求められています。日本では得られなかった視点を得ることができており、本当に来て良かったと思っています。



二村5.jpg

▲UNDのMemorial Unionという施設。
京大でいう時計台のような存在でしょうか。



長くなってしまったので今回はこれくらいにしておきます。
こちらにいる間にもしもう1回ブログがまわってきたら、UNDを選んだ理由や、クラスメイト、授業内容の詳細や食事について書こうと思います。お楽しみに。



では、次週は鈴木先生お願いします。

posted by KKCKKC at 14:27 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月07日

【塾ティ】心が温かいから…かな……/小川

こんにちは!

8月以来の、小川です。
そろそろ研究室配属があるのでそわそわしている、小川です。

すっかり寒くなりました。
私の耐寒性はもう限界です。

冷え性なので、この時期手先や足先の感覚はありません。
机を触ると、あたたかい…幸せ…と思うくらい、手が冷たいです。

手がかじかんで、レポートどころではありません(つべこべ言わずにやりましょう)。死活問題です。


冷え性は女性に多いと言われますが、なぜでしょう?

男女で差が生まれる原因は筋肉だそうです。筋肉は熱を作り出す働きをします。男性は女性に比べて筋肉量が多いので、冷え性になりにくいのです。

冷え性に悩む女性陣、まずは筋トレをしましょう(((o(*゜▽゜*)o)))

筋トレは嫌だというそこのあなた!というか私!は、どんな対策をしたらよいのでしょう…

冷え性の原因の一つとされる「積冷」を防ぎましょう!「積冷」とは、生活習慣の中で冷えにさらされることの積み重ねです。

おしゃれは我慢…と薄着をするなんて、言語道断です。身体中にカイロを貼る勢いで防寒しましょう。

また、現代人は夜型の生活やストレスによって冷えを感じやすくなっている、とも言われています。

規則正しい生活をして、嫌なことは忘れて、厚着をすれば、きっと無敵です。

ちなみに、男性に起こる冷え性は病気のサインであることが多いそうです。気をつけてください〜!



次回は…二村先生が可能であれば…!



posted by KKCKKC at 20:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月30日

【塾ティ】疑問を見つける/植松

お久しぶりです!植松です。

外はすっかり寒くなりましたね。私はホットカーペットの虜となる季節の到来に季節の流れの早さを実感しています。


さて、生徒の皆さんは定期テストがひと段落ついた人が多いのではないでしょうか。

受験生は今からが詰め時であり、勝負の時間となります。頑張りましょう!


勉強の役に立つお話が出来ればよかったのですがいいものが思いつかず…私が大学で今やっていることをお話しようと思います(誰が興味あるのかは不思議なところですが心優しい方はお付き合い下さい。)



皆さん、電車に女性車両があるのはご存知でしょうか。JRなどに乗る人には馴染みのある車両ではないかと思います。しかし、ここで不思議なことがあります。「女性車両」があるのに「男性車両」がないのです。

何を当たり前な事を……と思うかも知れませんがこれよく考えるとおかしなことなのです。
女性は専用の車両を用意されていてある意味「優遇」されているのに男性は何も無いのです。男性は「優遇」されないのです。

昔は女性が卑下されていた時代が確かにありました。
しかしながら、今の時代では逆の現象が起こりつつあるのです。そしてそれが「当たり前」になる… 私達は歴史の転機に存在している… そんなことを学んでいます。



ここまで堅苦しい話をしたのですが何を言いたいかと言うと、私達の身近なところには沢山の疑問があるのです。
これらを私達は「当たり前」だと受け止めています。しかし、少し目線を変えると「なんで?」と思うことがそこらじゅうに転がっていたりします。


皆さんが当たり前に受け止めていることをもう1度見つめ直してみるとそこに自分の興味関心があるかもしれません。皆さんの暇潰しにでもそんな興味関心探しをしてみてください。進学の手助けになるかもしれませんよ。



以上、難しく長々と失礼しました植松でした!


次は小川先生にお願いします。

posted by KKCKKC at 19:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月23日

【塾ティ】久しぶりの女子会/岡

こんにちは!

先週は忙しく、ブログを書く時間が取れなかったので、代わりに田中先生に書いてもらいました。
忙しさがひと段落ついたので、今週は岡が担当します。

タイトルの通り、ブログ更新日の今日、お昼に女子会をしてきました。

メンバーは、教育研究センター在籍中の小川先生と田中先生、そして、今年の3月まで在籍されていて、今助産師として活躍中の木下先生の4人です。

約半年ぶりに4人でいろんな話をして、改めて思ったことがありました。それは時間の流れるスピードについてです。

子供の頃の1年って、とんでもなく長い期間で、例えば、私は過去に父の仕事の関係で1年だけ小学校が変わり、また同じ小学校に戻ったことがあるのですが、その時は前とても仲が良かった友達でも、別の人のような気がしてうまく話せなくなったりしたことがあったんです。

それが、大人になれば、今回のように半年ぶりでも、2年ぶりとかでも割と違和感なく話すことができるのは、時間の流れるスピードの違いもあるのかなと感じました。


もちろん人との付き合い方が分かっているからだとか、もともといい空気感だからとか、色んな理由はあると思いますが、なんとなく時間の流れの早さについて改めて感じた1日でした。

きっしー、おがわってぃー、りさこさん楽しい一日をありがとう!

なんのオチもない話でしたが、終わります。
きっしー.JPG


次回はきっしーにまわそうかと思いましたが怒られそうなので、せりか先生お願いいたします。
posted by KKCKKC at 20:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月16日

【塾ティ】ネイティブの発音と日本人のリスニング/田中

お久しぶりです、田中です!
本当は岡先生の予定でしたが、臨時で指名されました!

いよいよ大学卒業まで残り数ヶ月となったのですが、最後の大仕事「卒論」を私は毎日頑張っております!

そして、同じ英語教育学ゼミの友達もみんな卒論に取り組んでいるのですが、毎週木曜日はゼミ内で自分の卒論に関するテーマのプレゼンテーションをする日とされており、今日も友達の興味深い発表を聴かせて頂きました。
その内容を少しだけ紹介させて頂きたいと思います。

それは、英語のリスニングについてです。

みなさん、関東で放映されている「関ジャニクロニクル」という番組の英語のリスニングに挑戦する企画をご覧になられたことはありますか?

是非一度見て頂きたいと思うのですが(めっちゃ面白いので!)、これをみたら日本人の英語のリスニングの特徴が少しわかるんです。

例えば、こうゆうふうに聞こえることってたまにあるんですよね…

例えば、
You know me? 「湯呑み」
Feel so bad. 「冬そば」
Take a ticket. 「ていうか、あっちいけ」

などなど…
これらは、めちゃめちゃよく使うか表現かと言われれば、そうではないので良いのですが。

例えば、
What do you~
What are you~
What have you~

をネイティブが発音したらどういう風に聞こえるか…

実は全部

“Whaddaya” 「和田や」

と発音しているのです。

他にも、

Going to ~ = gonna「ゴナ」
Have to = hafta「ハフタ」
Should have = shoulda「シュッダ」

などなど…

教科書にはこんなこと書いてないですが、このような頻出のものこそリスニング力を向上させるために、知っていても面白いかもと、今日少し思いました。


以上、田中でした!


ということで、次は岡先生よろしくお願いいたします!!!

posted by KKCKKC at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月09日

【塾ティ】実はボク…/上山

こんにちは!上山です。

このブログを書いてる11月8日から名古屋での介護実習をしています。

初めましての人や初めましての先生、初めましての生徒も多く楽しかったのですがもちろん緊張もありました。

さて、ここで1つご報告が。実は僕彼女ができ…………ではなく、人見知りなんです。

え!上山先生彼女できたの?と期待してくれた方、しょーもない告白ですみません。上山の色恋なんて興味ねーわという方、どうぞこのブログのページをお閉じください(笑)

大学の友達にも「実は僕、人見知りなんだよねー」と言ったところ「そんなわけない」とか「全国の人見知りの皆さんに謝れ」とか言われました。

皆さんから見て、僕はどうでしょうか?

けど僕自身、自分のことを人見知りだと思っています。だからこそ常に塾ではヘラヘラしてます。
初めての生徒を受け持つ時はなおさら(笑)

なんか緊張する分、笑って楽しくなってその緊張をほぐしたいなーみたいなかんじです。
だから、もしあのヘラヘラしてる人嫌いとか思ってらっしゃる先生や生徒がいたらすみません。
あー、緊張してるんかなー?と暖かく見守ってください。


すこし話は変わりますが、なぜ急にこんな話をしたかというと、最近勉強を教えていて自分の弱点を具体的に知ってる人、わかってる人って強いなーと思ったからです。

例えば電気の問題が苦手。国語の文法が苦手。そうやって具体的にわかっていれば勉強する時、どこをやるかに困らない。テスト本番でも、もしわからなければ一旦飛ばして他の所を先に解くのも一つの手です。

けど、弱点や苦手が自分でわかっていない人はそれができません。
だから、疲れた時に勉強の休憩がてら自分の弱点探しを最近はするように僕はしてます。

もちろん勉強以外にも性格のこととかについてもです。(上山は弱点だらけです。)
その後、じゃあどうしよう?っていうことを考えたりしてます。


需要ないと思いますが、もし僕の弱点知りたい人は聞いてくれたらヒントくらいは出しますよー


ではでは(o'ω')ノ


次回は岡先生で・・・
posted by KKCKKC at 16:24 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年11月02日

【塾ティ】目標設定/玉井

こんにちは。玉井です。


台風が2つ通りすぎ、やっと秋晴れですね。

そして11月に入りました。今年もあと2ヶ月。年始にたてた目標は達成できましたか…?


つい先日、メンタルトレーニングの講習を受けました。テーマは目標設定でした。

いきなり紙を渡され、人生における夢のような目標、最低限度の目標、50,30,10,5,4,3,2,1年後の目標、今年、半年、今月、今週、今日の目標を順番に飛ばすことなく書いてみてくださいと言われました。

僕は全然書けなかったのですが、みなさんは書けますか?難しいですよね。


要するに、将来自分がどうなりたいか、しっかり考えて、ビジョンを持っておくことで、短期的な目標がはっきり見えてきて、日々成長していけるということなんですね。

年始にたてた目標なんて気まぐれで、達成できるはずもないですよね…



さて話は変わり…


同じ部活の浅井先生が先日の試合でスーパーゴールを決めたので是非ご覧ください。
https://youtu.be/NczSF-EW7eY


因みに、僕も決めました笑
しょーもないゴールですが是非ご覧ください。
https://youtu.be/4tW9x8iZavM



近況報告ですが、8月にあった大学院入試に合格し、あと2年間京都にいることが決まりました。

これからもよろしくお願いします。


次回は上山先生お願いします!
posted by KKCKKC at 20:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月26日

【塾ティ】勉強のやる気が出ない生徒たちよ!/浅井

こんにちは!浅井です。

引退の足音が聞こえてきた。

幼稚園年中から続けてきたサッカー生活があと1カ月ほどで終わる。


そして、引退すれば残り少ない大学生活を目一杯満喫し社会人に…



自分が社会人になり働く。



やはり一抹の不安を感じられずにはいられない。今までの人生、サッカーと勉強さえしていればよかった。

その2つがなくなり自分を評価するものは仕事の出来不出来だけになる。



自分って仕事できるんかなー
仕事でけへんかったらこれから定年までしんどいやろなー

そんな不安が頭をよぎる。



まあ、僕はそんなにネガティブな人間ではないのでなんとかなるだろうと思ってますが笑

とにかくパソコンスキル身に付けないとなーと思う日々この頃です。




そして本題!


そんなことを考えてると、あることを思い出した。

勉強するだけで褒められるって、なんて楽な世界なんだろうか


と中学生の時に思ったことを。


勉強していれば、親も先生もニコニコである。勉強するという定められたレールの上を走るだけでで、なんと自分の周りの世界が円滑に回り出すことか。

幸いにも勉強というものは、ほぼ努力した分だけ成績も伸びてくれる代物なので結果もついてくる。
なんとイージーな世界なんだろう。



大人になり働き出せばそうはいかない。まず自分でレールをしかなければならいない。そして、答えのない問題を解き続けなければならない。


努力より結果で評価される世界。
なんてハードな世界なんだろう。




俺って今楽な世界で生きてんねんなー
勉強くらいすっか


こんなことを勉強だるいなーと思ったときに考えていた。



だから「先生、勉強のやる気が出ません」と言ってくる生徒たちよ。

勉強くらいやるんやで。



次回は玉井先生です!
posted by KKCKKC at 20:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月19日

【塾ティ】何色に見えますか?/藤村

こんにちは! 藤村です。


僕が前回担当した時もそうでしたが、今回もちょっとした話のネタになりそうなことを紹介したいと思います。


では早速ですが、このスニーカー何色に見えますか?


(画像の出典)
IMG_1803[1].PNG

このスニーカーの写真は最近ツイートされたもので、人によって色が違って見えるのです。
近くに人がいたらその人にも聞いてみてください。


ほとんどの人は「灰色と緑(gray & teal)に見える派」と「ピンクと白(pink & white)に見える派」に分かれるらしいです。
他にもいろいろな見え方があるそうですが、僕は少数派らしく、白と明るい青にしか見えませんでした。 


さて、上の写真を見たところで次に気になるのは「実際このスニーカーの色は何色なのか?」 



その答えがこれです。


(画像の出典)
IMG_1802[1].PNG



自分の見ていた色と違って驚いた人もいると思いますが、実際の色はピンクと白です! 

ちなみに自分が思っていた色と同じだったからすごいとかそういうのはないです。


これはあくまでも一つの例で、他にも似たような写真があります。
わりと有名なのは、2〜3年前に話題になったドレスの写真でしょうか。


(画像の出典)
IMG_1804[1].PNG


このドレスの色に関しても「白と金に見える派」と「青と黒に見える派」に分かれてネット上で大いに盛り上がりました。



以上、人によって見える色が違うものでした。検索すればこういった画像はまだまだ出てくるので、探してみると楽しいですよ。
また、どうして人によって色の見え方が変わるのかについてはぜひ自分で調べてもらいたいです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました!



次回は、浅井先生お願いします!

posted by KKCKKC at 20:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月12日

【塾ティ】語学学習/馬見新

お久しぶりです、馬見新です。

最近は気温の変動が激しく、過ごしにくい日々ですが、皆さん体調は崩していませんか?
私は、がっつり風邪をひいて塾にもご迷惑をかけてしまいました(すみません)


今回は何を書こうかと考えたのですが、語学学習について書こうと思います。

私は大学に入ったころから週に2回程度、オンライン英会話のレッスンを受講しています。
もう6年目ですし、会話もストレスなくできるようにはなりました。

しかし、最近になって難しいなあと思い始めたことがあります。
それは、話す言語によってある程度 ”性格を変える” 必要があることです。

日本語はニュアンスで会話する、悪く言えばまわりくどい言語です。
しかし、英語はたとえ自信がなくてもはっきりと断言する必要のある言語だと思います。
また、伝えたい気持ちが同じでも、言語の性格によって表現が大きくことなる例もたくさんあります。

頑張って = Take it easy

有難う(有るのが難しい。存在することは当然ではなく、難しいことなのに、自分以外の力によって存在していることだ。) = Thank you (あなたのおかげ)

慣用句なども同じ意味で表現が異なることが多々あります。


語学を学ぶのであれば、単に文法や発音だけでなくその言語の持つ性格を理解しなければいけないな、と感じる日々です。


…精進します( ˘ω˘ )


次回は藤村先生お願いします。


posted by KKCKKC at 14:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月05日

無題4/村田

おはこんばんちわ。村田さんです。
41歳独身です。世の41歳はもう少し落ち着いている気がします。早く大人になりたい。

聞くところによると今年が前厄で来年が本厄なんですって。
厄年って何ですか。やっぱり悪いことが起こる年ですか。
財布落としたりとか、虫歯になったりとか。

痛いのは嫌だなぁ………歯医者キライ。


………まあいいでしょう。気にしない方向でいきます。

厄よ来るなら来い!我が相手になってやろう!

けど、できれば来ないでください!



さてさて前置きが長くなりましたが、よもやの加藤先生からの奇襲攻撃に遭い登場となりました。
ブログは6年に1回しか書かない約束なのにびっくりですよ。

では本題です。

ここのところ、このブログや若人たちの話しを聞いていると、やたらと楽しそうな夏休みを過ごしたようですな。
やれ旅行だ、やれ海外だ、やれ観光だと。

あなたたちはJTBの関係者ですか。もしくはトリバゴですか。


全然羨ましくないし!私も夏を満喫したし!



最近はあれですよ。滋賀県の白髭神社に行ってきましたよ。琵琶湖の中に鳥居が立っていて、ちょっとした観光スポットです。

こんな感じ。
image1.jpeg
撮影:村田さん。上手に撮れてる。

ここで見る朝日はなかなか神秘的だそう。
まあ、朝日は見たことないですけどね。
なんなら、行ったのも去年ですけどね。


………とか言うてる間にもう10月ですか。
今年も何事もなく過ぎていきますな。大していいことがあるわけではなく、ひと時の笑顔を疲れも知らず探し回ってる日々を淡々と過ごしている村田さんです。(意味不明)


結局、何が言いたいかというと、学生は若いうちにいろいろ楽しめばいいさ!
ということです。


いえ、ひがんでいません。ぜんぜん。



そうそう 先日、川本元先生が塾に見えられましたよ。
奥さんの要件に便乗して京都に来たそうです。相変わらず尻にしかれ 仲が良くて羨ましい。結婚もいいもんだな☆ と思いました、まる


※ブログ内の私の心情に一部虚偽的発言がございましたことを、深くお詫び申し上げます。


では最後にお気に入りの画像でお別れいたします。

アディダス!
image1 (2).jpeg

もう一枚。
image1 (1).jpeg
撮影者:どこかのだれか。何かのブログより拝借。

ネコをダメにする食パンクッションだそうです。反則です。



次回は加藤先生にリターンしてやろうかと思いましたが、それも大人げないのでやめときます。


では、馬見新先生お願いいたします!!

posted by KKCKKC at 14:54 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月28日

【塾ティ】たくさん旅行に行きました/加藤

こんにちは。加藤仁志です。

この夏はたくさん旅行にいきました。
淡路島、仙台、韓国、伊勢、天橋立などなど。

今回は夏休みについてという感じにアバウトにツラツラ言いたいと思います。

韓国には姉が留学しているので遊びに行く感覚で一週間行ってきました。
まず感じたことは物価の安さです。
焼き肉食べ放題は1300円くらいでした。
韓国には食べ物を余らすくらいの量を出す食習慣があるので、基本食べきれなかったです。
また、別にゲストハウスでバイトをしているのですが、そこで知り合った韓国人のゲストと再開し、車でソウルを案内してもらいました!
韓国で現金を使う機会は少なかったです。
ほとんどの支払いがカードで済ませることができます。


淡路島にはサークルの合宿で行ってきました。
旅行では行っていません。
以上です。

伊勢では車で行ってきました!
以上です!

仙台には飛行機でいきました!
話題は尽きているので、以上です!!!!

天橋立は・・・・・・綺麗でした。


以上です!!

韓国が長すぎたので終わります!!




次は村田先生お願いします。


posted by KKCKKC at 20:44 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月21日

【塾ティ】東北に行ってまいりました/荒井

こんにちは、荒井裕です

大学生の長い長い夏休みもそろそろ終わりです。
ぼくも、この夏休みを利用して東北旅行に行ってきました!


なんで東京とか沖縄じゃなくて東北?となる方もいらっしゃると思うので、なぜ東北に行くことになったのか説明しますね!


高校時代のサッカー部の友人がなんと東北大学に進学しています。東北なので、もちろん下宿となり一人暮らしをしています。一人で寂しくしていないかと心配性な僕たちは東北に行くことにしました。ちなみにそのお家に泊めてもらえば宿泊費は節約できるというメリットがあります。(笑)


そんなわけで東北に行くことになったのですが、先ほど僕は「僕たち」と述べました。この旅行には元サッカー部の3人で行くことになったのですが、その3人の中にはこの塾で講師をしている加藤先生も含まれています(笑)
今頃ブログのネタを取られたとか思っているかもしれませんが彼はこの夏、韓国にも行っているので大丈夫でしょう。


東北では、友達の自宅がある仙台を拠点とし、レンタカーで4日間色々なところへ行きました!
・岩手県 蔵王の御釜
・龍泉洞
・日本三景の1つ松島
全てが大自然に囲まれた絶景中の絶景で、心から癒される感じがしました。自然の美しさに触れる旅ってこんなに素敵なんだと感じ、なぜか登山家がしんどい思いをしてでも登山をする気持ちが少しわかった気分です。笑


片山さんから何度もしつこくお願いされていたお土産も店が閉まっていて買えないなどのトラブルもありましたが、とても楽しい旅行になりました。飛行機などの予約ありがとう加藤先生。


長くなって申し訳ないですが、これで最後です!

つい先日大学の成績発表がありました。無事全ての単位が取れていましたが、一喜一憂せずに後期はもっと上を目指して頑張りたいと思っています。受験生の中高生も、模試などでリアルな判定や点数などが返ってくると思いますがまだ本番ではないので、一喜一憂せず最後まで平常心で頑張って欲しいです!


次は加藤先生お願いします!
posted by KKCKKC at 15:22 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月14日

【塾ティ】千里の道も一歩から/佐々木

お久しぶりです。佐々木です。

もう少しで大学生も夏休みが終わります。
この夏休み、どこにも出かけていない僕は一体なにについて書いたらいいのでしょうか?




…… 思いつきません。


こうなったらもう自分の思いついたままに書くだけです。

というわけで、



大江千里について書きます。


最近よく大江千里の歌を聴いて、そのキャッチーなメロディーに懐かしさを感じてます。
そのなかでも僕は「マリアじゃない」という曲が好きです。歌詞に惚れちゃいました。

全部載せると長くなるので、適宜必要なとこだけ括弧で引用しますね。


この歌の主題は「ノスタルジー」なんですよね。自分の好きだった「高台の町」へのノスタルジー。それを男女の恋愛関係になぞらえて歌っています。あくまでこれは僕の解釈ですが。


主人公の僕には、「分別」を備えた大人の部分と「無邪気」な子どもの部分が同居しています(「あなたの右のこめかみの険しさが好きよ 分別と堪えきれぬ少年が争ってる」)。
それに対して主人公の好きな彼女は、主人公と同じように大人の部分と子どもの部分の両者を兼ね備えてるとも言えますが、基本的には大人になりきっていて、主人公には子どもの部分がほとんど感じられません(君の片隅で少女が泣いている)。

この「大人の部分」と「子どもの部分」を、それぞれ「未来」と「過去」というふうに置きかえてみます。
すると、主人公は未来へ向かおうとする前向きな姿勢と過去に引きずられる後ろ向きな姿勢が混在しているのに対して、彼女の方には未来へと突き進む運動しかありません。僕にはこの差異が「物質」と「記憶」の差異から生じているように思えるんですよね。つまり、歌詞に一回だけ出てくる「高台の町」と、その町にたいして特別な思いをもつ主人公との差異です。

時代が変化したとしても「高台の町」だけはずっと変わらない場所だと主人公は思っていたように思います。そこはまるで聖母「マリア」のようにすべてを受け入れ優しく包んでくれるような場所。嫌なことがあってもそこに帰れば忘れられる。そんな場所です。


ところが、主人公はある日、その場所すらも自分の気づかないうちに変わってしまっていることを悟ってしまいます。そうです。その場所はもう「マリアじゃない」んです。たとえ空間的には同じ位置にいるとしても、時が経ってしまったことで、そこはもう自分の好きな「高台の町」ではなくなっている(苦しいくらい近くにいて せつないくらい遠くにいる)。しかし、まったく変わってしまったわけではなく、やはりそこには若干ではあるけれど昔の面影が残っている。それを見つけたとき、主人公にはその町が泣いているように思えてしまう(少しぼくにゆるす横顔が泣いている)。

しかし、こうして過去に浸っているのは子どもの証です。大人は未来へ一歩を踏み出さなければいけないことを重々理解しています。そして、この歌にはこの相反する二つの運動に挟まれて葛藤している主人公がうかがえます(きっともう少しルーズなら うまくいえるはず ああ今夜も 時々うつむいたきみを抱きしめたい)。




…… どうですかね?人情の機微に触れている良い歌やと思いません?




今回は完全に自己満足のブログになってしまいました。すいません。




次回は荒井先生、お願いします。
posted by KKCKKC at 14:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ