自習席&夜の進路相談情報
    26日(木) @Aコマ目
    27日(金) @コマ目
    30日(月) お休みです。
     1日(火) @コマ目
     2日(水) @コマ目
     3日(木) お休みです。
     4日(金) お休みです。
 ぜひ自習席および進学相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2018年04月19日

【塾ティ】たまには真面目に…/上山

こんにちは!上山です!

新年度になって、多くの塾講師の方が卒業してしまって、寂しい上山です…



僕自身も今年で大学4回生ということもあって、今年度で卒業です。

最近はずっと教員採用試験の勉強を頑張っているところです!僕は中学の頃からずっと学校の先生になりたいなと思っているので、今の勉強が楽しくてしょうがない!勉強しながら「あ、学校ってこうなってるんだー」とか、「こういうことを重視しながら教えなきゃいけないんだなぁー」など、ただ問題を解くだけでなく、色々なことを考えさせられます。




前置きが長くなりましたがここからが本題です!最近勉強して知った言葉で僕の中でモットーになっている言葉を皆さんにもお伝えしようかなと!それは




Learning to have から Learning to be へ




という言葉です!これは生涯学習における1972年のフォール・レポートでの言葉なのですが、つまり

「知識を手に入れる(have)ための学びから
なりたいものになる(be)ための学びに」

という意味です!これを見たときに「おぉー!」と感動しました。




塾で教えている時も生徒から「なんで勉強せなあかんの?」と聞かれることがあります。

これに対する答えって難しい汗


けど、勉強を「知識を得るため」じゃなくて「自分がこうなりたい!」っていうその姿に近づくためだと思ってみるといいかもしれません。
「あの職業に就きたい」みたいに具体的じゃなくても、もっと漠然としてていいと思います。
例えば「お金持ちになりたい!」だったら、金額など数を考える数学にも少しは勉強の意味を見出せるのではないでしょうか?




我々塾講師を始め、生徒のみなさんも学生なので残念ながら勉強しなくてはいけません。

だからこそ、今やってる勉強を「なりたい自分になるため」にどう活かせるかな?を考えてみるだけでも勉強の意識は変わってくるかなと思います。




真面目な話を長々としてすみませんでした!

僕も学校の先生になれるよう頑張るので、皆さんも頑張りましょう!


では次週は新人の石田先生にお願いしたいと思います!

posted by KKCKKC at 13:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月12日

【塾ティ】ラストブログ/須山

こんにちは、須山です。
最後のブログを書く機会をいただいたので、いま思っている事を言葉にして残そうかなと思います。


3月に大学を卒業して社会人になりました!いま東京で医者として働いています。
毎日新しいことや覚えることばかりで、時間が経つのが恐ろしく早いです。
少し前までは気楽な学生で、朝何時に起きてもよかったのに比べると、とてもとても忙しいです。


ただ、楽しい!
オペに参加するのも、薬を学びながら処方するのも、カルテを書くのも、回診も、ただの事務作業も、夜に医局に残って勉強するのも、どれも楽しいです(まだ最初だからかもしれないけれど)。
そうすると、忙しくても不思議と苦じゃないんです。いまは少しずつ出来ることが増えていくのが嬉しい。


つまり言いたいことは、「自分の好きなことを大切にする。そして、できれば仕事を楽しむ。」ということです。
嫌でも大人になれば皆働かないといけないです。それも何十年も。

多くの人は、一生のうち大部分の時間を仕事に費やすんだと思います。
だから、それを嫌な時間にしてはいけないです。できれば好きなことや楽しいことを仕事にしてください。
まだ学生の人は、そんなことを考えながら就きたい仕事を探してみてください。


そして、真面目なことを言いましたが、頑張りすぎないでください。
肩の力を抜いてゆるく頑張りましょう。
辛くなったら誰かに相談することはとても大切です。


また関西に寄った時は、時間を見つけて塾に顔を出したいと思います!
その時は宜しくお願いします!


次回は上山先生です!!


posted by KKCKKC at 21:12 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月05日

【塾ティ】新生活/岡

こんにちは!岡です。

3月28日に京都を旅立ち早くも1週間を過ぎました、、、、

今回のブログはつくば市での新生活、色々変わったことがあったので、そのお話と、同じように新生活が始まった皆さんに一言お送りしたいと思います。



まず新生活の変化について、大きく変わったのは移動手段です。

京都は交通手段が発達しているので、バス、電車である程度どこでも行くことが可能ですが、つくば市は何と言っても



が命です。



これがないと本当に不便。基本家族に1台、いや家族の人数分車を持っていてもおかしくない地域です。

そんな車社会に放り込まれてしまった私。
京都で運転免許を取って3年。

運転した回数は2回。…生きて過ごしていけるのか非常に不安です。



(先日、試しに家の周りを運転してみたところ、婚約者から、

 「自動車学校でもう一度練習してから乗って」

と言われてしまうほどの腕前でした。ぼちぼち頑張ります。)



また、何ヶ月か住んでみたつくば市の感想は、ブログが回ってくれば書きたいと思います。





さて、そろそろ入社式、入学式、新学期、新年度が始まり、皆さんの心も心機一転し、頑張ろう!と張り切っていることがあると思います。

そんな皆さんにお伝えしたいのが、

「そんなに頑張り過ぎへんように!」



物事の始めというのは、なんでもいつもより頑張り過ぎます。

何かに向かって努力すること自体はとても良いことなのですが、

大事なのは、「その努力を続けること」です。

スタートダッシュを頑張り過ぎても、続けられなければ、意味がありません。



しかも頑張った分、成果を求めがちですが、そんなにすぐに上手くいくことは

なかなかありません。



だからあえての「そんなに頑張り過ぎへんように!」



目標を持って、それを達成するためにいつまでにどんなことをしようか、

その努力を自分は続けられるのか?

こんな視点で改めて考えてゆっくり進んでいきましょう!



新生活早々張り切った結果、熱を出して倒れてしまった私からのみなさまに送る言葉のお話でした。




最後に、前職を辞めた後、私が戻ってくることを温かく迎えてくださった木村さんを始めとするセンターのスタッフの皆さん、ご飯を食べに行き、指導後の楽しい時間をくれた優秀な塾講師の皆さん、そして生徒の皆さん、1年半、本当にありがとうございました。

新生活でもぼちぼち頑張っておりますので、センターの皆様もお身体に気をつけて頑張ってください。

いつまでも応援しております。



それでは!


次週は須山先生です!
posted by KKCKKC at 18:36 | Comment(9) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月22日

【塾ティ】Life is.../田中

お久しぶりです、たなかりさこです!


最近、あったかくなったかと思いきや急に寒くなったりで、体調管理難しいですよね T-T
いよいよ出会いと別れの季節「春」の到来です。



3月20日、4年間お世話になった同志社大学を卒業し、いよいよ自分が社会人になることを毎日ちょっとずつ実感していっているのですが…
最初の配属先も決まり、正直ガラッと生活スタイルが変わることに対して不安というのかワクワクというのか今はなんとも言えない気持ちでいっぱいです。
しかし、これは私だけでなく、新しい中学高校、高校、大学、大学院に進学される塾の生徒や講師のみなさん、そして私と同じように新社会人になられる方ももしかしたら私と似たような気持ちをお持ちなのではないでしょうか?


そこで私から、シンプルで超楽観的なメッセージです。


“Life is all about having fun!”


なんだかよくわからない、不安な気持ちになったら、いつでも「自分の人生は楽しい方向に進んでいってるか?」と問うてみてください。


先日エディンバラでフランス人の親友と再会して

やっぱり楽しいことが一番大切だ!っていう結論にいたりました!


あと少ししたら私は京都を出て行ってしまうわけですが、私にとって大切な塾の皆さんが健康で、楽しい行き方をしていることが私にとっての一番の幸せであります!


中学生の時から大学卒業まで(まだ私のことを高校2年生だと思っている方もいるようですが…笑)、私を支え、温かく見守ってくださった塾の皆様には本当に感謝しています。
また京都に戻ってきたら、ラーメン、カラオケ、すいしん一緒に行って下さい!

みなさんとお会いできることを楽しみに、
私も楽しく頑張って行きたいと思います!




それではまた次会う日まで!



次週は岡先生のラストブログです!




posted by KKCKKC at 18:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月15日

【塾ティ】田舎町ピクトンにて/荒井

こんにちは、みなさんお久しぶりです!!荒井です!!


僕は今、春休みの2ヶ月間を利用してオーストラリアでホームステイをしています。


僕が暮らしているのはシドニーの田舎町ピクトンという所で、見渡す限り馬や牛といった動物や農場ばかりです。
そんな田舎町ピクトンに、いくつもの家族が一緒に生活をしているコミュニティと呼ばれるものがあります。
僕は今そこで生活を送っています!


語学学校などに通っているわけではなく、建設の手伝いをしたり、カフェで働いたりして現地の人と一緒に生活をしています。


↓こんな感じ
荒井ブログ写真.JPG




たくさん子供達がいて、一人っ子の自分にとっては大人数での共同生活はかなり新鮮です。


当たり前のことですが、自分で洗濯や食器洗い、掃除や料理などもしないといけません。
日本で自分がそういった当たり前のことができてなかったことに気づいて恥ずかしく思いました。


初めは英語が少しでも聴けて話せるようになりたいという気持ちでここに来ました。
でも上記のように言語以外で学んで得られることがかなり多かったです。
残り2週間ほど、まだ塾には行けませんが講師の方々よろしくお願いします。
m(._.)m


帰ってきたら日焼けしてて絶対浮くのでいじらないでくださいね♡




次回はりさこ先生のラストブログです!



posted by KKCKKC at 17:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月12日

【塾ティ】ラストじゃないブログ!/玉井

こんにちは。
たまに月曜にもいるようになった玉井です。

同期が就職していくなか、僕はこの春から大学院に進学します。
将来が不安で不安でたまりません。ちゃんと勉強して、来年すんなり就職活動終えれるように頑張ります。


さてみなさん、Daznってご存じですか。
Daznとかいて「だぞーん」と読みます。

Daznはスポーツを放送している有料動画サービスです。
僕が大好きなJリーグをはじめ、プロ野球などなどたくさんのスポーツが観れます。
部活をしている人は多いと思いますが、プロのプレーをたくさんみて、練習に反映させると上達につながります。
また、引き出しが多くなりプレーの幅が広がりますよ。

僕も部活していたときはよく真似をしていました。
ぜひ試してみてくださいね。


おわり


次回は荒井先生お願いします!

posted by KKCKKC at 14:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月05日

【塾ティ】ラストブログ!/浅井

こんにちは!浅井です!


今、卒業旅行でドイツのフランクフルトにいます!到着した直後なので時差ボケで結構眠いです笑。
ドイツと日本は8時間ほど時差があり、日本の時間から8時間引くとドイツの時刻になります。


ドイツに向かう途中で、トランジットで韓国の仁川空港近くに1日だけ滞在しました。

韓国といえばサムギョプサル、焼肉!さっそく晩御飯として、サムギョプサルを食べたんですが、安くて本当に美味しかったです。


まず、食べきれないほどの種類豊富なキムチが登場。韓国ではサムギョプサルを頼んだらキムチが出てくるのが普通みたいですね。日本では馴染みのないネギのキムチもありました。

それから、豚肉と共にもやしのキムチと白菜のキムチを一緒に焼き、できたらチシャでまいていただきました。キムチを焼くのもあんまり経験がなかったので新鮮でした。

また、隣の席の地元の方々に焼酎をビールで割った飲み物を勧められ、自分たちでつくって飲んでみましたが、日本の焼酎より甘めで飲みやすかったです。

帰りも1日だけ韓国に滞在するのでソウルに行ってみようと思います!


ドイツでは、フランクフルト、ケルン、ニュルンベルク、ヴォルツブルグ、ミュンヘンを訪れる予定です。個人的にケルン大聖堂そしてフランクフルト対ハノーファーのサッカー観戦が楽しみです。日本代表の長谷部がフランクフルトでプレーしています。ヨーロッパのスタジアムでの観戦は一つの夢だったのでめちゃくちゃ楽しみです。

ドイツでの目的は観光ももちろんあるんですが、なんといってもビールとソーセージが楽しみです。ソーセージを食べながらビールを楽しむ。最高ですね笑。ドイツのビールは水より安いので、僕はもうビールしか飲まないつもりです笑。生徒の皆さんは20歳になってしばらくしてから僕の気持ちがきっとわかると思います。




そんなこんなで、12日ほど旅行するのですが、僕は4月から就職するため今回がラストのブログになります。




教育研究センターには、1回生の12月から約3年間お世話になりました。サッカーの練習があったため週一回ではありましたが、楽しく、やりがいをもって教えることができました。

木村さん、村田さん、片山さん本当にありがとうございました。


新社会としてこれからいろんな試練があると思いますが頑張っていこうと思うので、生徒の皆さんも困難に負けず頑張ってください!ありがとうございました!


では、次週は玉井先生で!
posted by KKCKKC at 14:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月22日

【塾ティ】帰れなくね…?/藤村

皆さん、こんにちは。
研究室の説明会や引っ越しの手伝いなどで珍しく忙しい一週間を過ごしていた藤村です。

今回は受験勉強に関して書こうかとも思いましたが、それはまだ記憶の新しい先生方のほうがいいと思うのでパスします。

それで何の話をするかというと、最初に少し書いた引っ越しの話です。
3月で卒業して就職する予定の部活の同期に手伝いを頼まれ、掃除やら荷物の運搬やらをしました。



その日は洗濯機や冷蔵庫などの家電を車に乗せて他の同期の家に運ぶことになっていたのですが、この時点でもう問題が発生します。

「誰が運転するんや…」

これは当然といえば当然で、普段京都に住んでいると車を運転する機会なんてほぼありません。
また、京都の道幅の狭さや車線の少なさ、歩行者や自転車の多さはペーパードライバー予備軍(笑)の大学生を苦しめるには十分です。

歩いて冷蔵庫持って行くか…なんて冗談を言いながらジャンケンをして(僕は勝ちました)、負けた人が運転して無事に運ぶことができました。

ここまでは順調だったのですが、掃除をしに帰るとなった時にもっと大きな問題が発生しました。


「帰れなくね…?」



これは車の鍵をなくしたとか、そもそも車がなくなってたとか、ジャンケンで負けたやつが運転したくないから逃げたとかではありません。

実はこの日は京都マラソンがあり、帰るためには交通規制を回避してかなり大きく迂回する必要が…

そのことを誰も知らず、カーナビに従って帰るとどこに行っても通行止めばかり。

終いには同じ道をぐるぐる回るような経路を案内され、さらには渋滞にはまり、結局30分くらいで来れた道を1時間半ほどかけて帰ることになりました。


こんな感じでなかなか痛い失敗をした週末を過ごしましたが、今回のことから「下調べはしっかりやろう!」という教訓を学ぶことができました。
せひ皆さんにも覚えていてほしいと思います。


次は浅井先生にお願いします。


posted by KKCKKC at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

【塾ティ】1年前/加藤

こんにちは、加藤です。

ちょうど1年前受験真っ只中でした。

僕は同志社大学に通っていますが、同志社大学の過去問を解いた量は尋常ではなかったことを覚えています。

特に世界史に関しては10年間分の過去問を全学部日程、個別日程それぞれ6セット解いたことになるので、約60年間分解いていたことになります。
そのおかげで出題傾向を完璧に理解し、本番でもほとんど見たことがあるような問題で、解らない問題はほぼない状態でした。

過去問を解くことはすごく大切なことで、合格への一番の近道です。
間違えた問題をじっくり時間をかけて見直すことも大切ですが、それよりも受験は量だと感じました。
過去問は演習するものではなく、出題傾向を知るためにあります。

重要なことは過去問を使って勉強するのではなく、過去問の回答・解説、出題傾向分析を見て問題の特徴を理解するようにしましょう!

受験生の皆さん、あと少し頑張ってください!!


次週は藤村先生お願いいたします。

posted by KKCKKC at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月08日

【塾ティ】新しい環境!/馬見新

お久しぶりです、馬見新です。

今日の朝、修士論文を提出してきました!
残すは発表を残すのみで、卒業です。

もうすぐ卒業ということは、もうすぐ引っ越しです。




皆さんは、引っ越しをしたことがありますか?

私は転勤族だったので、幼稚園も小学校も2つ行きました。
これまで住んだ県は、鹿児島・宮崎・熊本・京都の4つです。

4月からは、岐阜か兵庫になるので、これまた新しい土地です!





引っ越すと、その土地での新たな環境作りが始まりますよね。

私は小さいころから慣れていたこともあってか、新しい環境に入っていくのが好きです。
いろんな人と出会えるし、いろんなおいしいものにも出会えるし、いろんな風景に出会えます。





場所が変わらなくても、新しい環境との出会いはたくさんあります。

塾もそうですし、部活、バイト、などなど。





4月は出会いの季節、新しい環境に入っていくことを恐れず、楽しんでいきましょう!


私も頑張ります(⌒∇⌒)


次週は加藤先生お願いします!


posted by KKCKKC at 13:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月02日

【塾ティ】立春?/村田

はいどーも、こんにちは。
忘れたころに登場、村田です。

たいへん寒い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。冬の間は南半球に移住することを本気で考えています。冬嫌い。

暦の上で、2月4日(日)は「立春」だそうです。

立春とは・・・冬が極まり春の気配が立ち始める日。『暦便覧』には「春の気立つを以って也」と記されている。冬至と春分の中間に当たり、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合は、この日から立夏の前日までが春となる。九州など暖かい地方では梅が咲き始める。二十四節気が成立した中国内陸部は大陸性気候のためこの時期は気温が上がり始めているが、海に囲まれた日本列島ではずれ込み、立春の頃に寒気や荒天のピークとなることが多い。(wiki調べ)

ちょっと何言ってるかわからないです。

まあ要するに、春の訪れを感じ始めるころらしいですが、これはあくまで中国の昔の人が定めたお話し。
最後の行にある通り、日本では寒気や荒天のピークとなることが多いとのこと。
確かに2月って一番寒い気がします。

…なら立春とか言わないでほしい。

で、そんな立春間近な日本ではインフルエンザが大流行しています。
流行に敏感な村田さんはしっかりその波に乗ってやりましたよ。

塾内でもすごくたくさんの人がかかっているようです。

特に今年はインフルエンザB型が流行っているようですが、こいつがくせ者。

私もこれにかかったのですが、あまり高熱にはならず、せいぜい38℃いくかどうか。あとは体がだるいなーと感じたぐらいでした。なんなら、病院が検査ミスしたんじゃないの?とか思ってしまいましたよ。

なので、もし微熱や体のだるさを感じるようなら必ず病院に行って、インフルエンザの検査をしてもらいましょう。
自分がしんどくなくても、周りに移すと大変です。

特に受験生の皆さんは、これからが一番大切な時期です。体調には気をつけて気をつけてさらに気をつけてください。

そして万全の態勢で受験日を迎えてもらいたいということでした。

特にオチ無し。

(了)


次週は馬見新先生いけるかな…





posted by KKCKKC at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月26日

【塾ティ】そろそろ帰ります/二村

こんにちは。そろそろ日本食が恋しい二村です。


12月の終わりの異常な寒波と期末テストを乗り越え、なんとか生き延びて帰国直前、今は最終試験の勉強が一区切りついたところです。

Screenshot_2017-12-20-21-50-52.png
▲12月下旬の天気予報。1月はじめにはこの地域が地球上で一番寒かった日もあったみたいです


さてさて、留学についてお届けする第2回、予告通りクラスメイトと授業内容についてお届けします。


クラスメイトは語学学校というだけあって国際色豊か…かと思いきや、12人中10人は日本人です。僕ともう一人を除いて全員近畿大学からの留学生で、半年丸々こちらで過ごすんだとか。


もう一人の日本人は沖縄出身の女の子で、滋賀の芸術高校を卒業したあと、英語を勉強するために単身乗り込んできたそうです。こちらで素敵なサウジアラビア人に出会って結婚の話もしてるとかなんとか。


2人韓国人がいましたが、レベル109を終えた時点で一人はユタ州の、もう一人はフロリダのキャンパスに移っていきました。


イラン人の女性(年齢不詳)は、家族ぐるみでの移民です。3人の子供を育てながら、こちらの大学で教鞭をとるために英語の勉強をしてるんだとか。イスラム地域での女性の教育に関する問題は一気に身近に感じられるようになりました。


そして最後に、24歳の台湾人。大学を卒業し、こちらの大学院に行くための語学資格を取りにきたんだそうです。
年齢や境遇、考え方や将来のプランが似ていることもあって、一番仲良くしています。

DSC_0517.JPG
▲一緒にアイスホッケーの試合を見に行きました。

DSC_0547.JPG
▲試合の一コマ。大迫力。



クラスを見ていて思うのは、やはり将来のプランがはっきりしている人ほど、勉強熱心で英語の習得がはやいです。
当たり前かもしれませんが。

あとは心地よさに負けて同じ国出身の人で固まってしまった人より、勇気を出して異なる文化や言語の人と関わっている人は、言語以上のことを学んでいるように思います。

日本って島国ということもあって、良くも悪くも視点はあまり広くないことが多いと感じます。差別意識とか、民族問題に疎いんですよね。そういう意味でも、客観的に自分に足りないものを知れた2ヶ月でした。



授業内容は全部書くと長くなっちゃうので、一番為になったと思うものをひとつ紹介します。

その名も"guided research"。

日本でいうところのレポートの書き方を習うような授業です。
フォーマット、情報の集め方、論理の組み立て方、導入や結論の組み方など、一貫して教えてもらえました。日本で書いていたレポートはお粗末だったな…と思い知りました。

その他の内容は気になったら聞いてください。喜んでお話しします。



わがままを聞いていただいた甲斐があり、とても充実した2ヶ月が過ごせました。本当に感謝しています。

どんな形で還元できるのかわかりませんが、「こいつ留学に行かせてよかったな」と皆さんに思ってもらえるよう努力します。



では次回は加藤先生お願いします。


posted by KKCKKC at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月18日

【塾ティ】結局、僕はどこへ行くのか/荒井

みなさんこんにちは、荒井です。本年もよろしくお願いします!



去年は火傷や火傷、また火傷などといった災難はありましたが何とか新年迎えられました。
今年は僕の飛躍の年やなぁと勝手に思っているので、より一層高い意識をもって歩んでいきたいです。



ところでみなさんは勉強していないのにテストの点数が上がったことはありますか?

僕は1年間に2回、TOEFLという英語の試験を受けないといけないのですが、1回目が行われた6月受験の時は試験に向けてかなり勉強していました。
その甲斐もあり、ある程度の点数が取れたのですが、そこから2回目の12月試験まで勉強は止めてしまいました。


なのに、12月受験が終わりその結果を見ると、なんと20点近くも点数が上がっていたのです。

最初は「勉強してへんのに点数上がった、天才かもしれない…」って思っていたのですが、よくよく考えてみるとちゃんと理由はありました。(笑)



僕は10月くらいから、1月までの間で外国人との間で100通以上のメールのやり取りをしていました、しかもほとんど長い文章のやつ(笑)

荒井.PNG
こんな感じです!


このメールのやり取りで僕は知らないうちにReading(読む力)、writing(書く力)が身についていました。
なので決してノー勉とかではなくちゃんと勉強していたのです(笑)


こんな感じで、どんな勉強でも嫌だと思うことなく無意識のうちに学力アップできれば良いんですけど、なかなかそうはいかないものですね。



で、なぜ僕が外国人とメールのやり取りをしていたかというと、春休みに2か月間ファームステイに行きます。
そのために直接ホストに交渉していたのです。

以前から、アメリカに行きたい行きたいと言い続けていましたが、結局それがかなわず、他の国に行くことになりました。
出発は1月31日です。



そんなわけで、「絶対お前は行かへん」と言い続けていた片山さんはじめ、塾の皆さんとは2か月間会えません。
2か月間、自分が受け持たせてもらっている水曜日と金曜日を開けることになり多くの人に迷惑をかけるかもしれませんが…

すみません、もう飛行機の予約しちゃいました!


というわけで、本当に2か月間よろしくお願いします。



結局僕はどこに行くのか。



オーストラリアです。



次回は、僕と入れ替わりで帰国される二村先生にお願いします!



posted by KKCKKC at 15:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月11日

【塾ティ】本年もよろしくお願いします/佐々木

2018年が厄年、それも本厄の佐々木です。


新年最初のブログ、なにかお正月らしいことでも話そうかなと思ったのですが、思い返せば基本的に家にいたので話せることありませんでした。
強いて言うなら、地元のお寺に初詣に行ったんですけど、実際は奥の院までの登山です。
本堂には目もくれず、ただひたすら山を登っていました。汗もかいてお正月感ゼロ、とくにこれといった内容もないので却下。

困ったことになった。新年最初のブログ、一体何を書けばいいんだ。こうして頭を抱えていたところ、ふとある格言が頭に浮かびました。


「 待て、しかして希望せよ! 」



これは僕の好きな格言なんですが、元々はアレクサンドル・デュマ『モンテ・クリスト伯』に出てくるそうです(残念ながら僕は読んでいませんが)。
僕はこれを河合隼雄の自伝を読んで知りました。河合隼雄は臨床心理士=カウンセラーで、いわば心の専門家です。

そんな彼が言うには、カウンセリングというのは決して忠告を与えることではないらしいです。
そうではなく、それは患者さんの話を聴いて共に悩むことだそうです。
常識的に考えると、そのような受動的な態度では事態は好転しそうに思えないのですが、実際の臨床の場面では解決していくみたいです。というのも、人間には誰しも自力で立ち直る力が備わっているからです(余談ですが「生の哲学」を展開したフランスの哲学者ベルクソンは、生の本源的な存在様態を楽観的に捉えているし、そのベルクソン哲学に影響を受けた精神科医ミンコフスキーは、生の特徴の一つに「希望」を取り上げてます)。



生きていると、自分の力ではどうすることもできない問題にぶつかることもあります。

そんな時こそ「待て、しかして希望せよ!」です。

この格言は、一方で気を楽にしてくれます。なぜなら、無理して問題を解消しようとする必要はないからです。
しかし、他方でそれ以上に気を強く持つ必要があります。というのも、待てば待つほど希望を抱くことは困難になるからです。待ちきれずに自分から行動を起こして余計事態が悪化するなんてこともしばしば。
待つことは難しいんです。


結局のところ何が言いたいか。



今年は本厄なので、希望しつつ一年が過ぎるのを待つことにします。



では、次回は荒井先生で。

posted by KKCKKC at 20:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月07日

冬期講習 最終模試

【最終模試のご様子です】
IMG_1939.JPG

IMG_1938.JPG

IMG_1937.JPG

IMG_1936.JPG
真剣そのものです。1点の重みを理解した答案が多く見られました。


本日の模擬テストはいかがでしたでしょうか。結果を出せた人も、思うようにいかなかった人も、今から受験まで何をしなければいけないかが見えてきたかもしれません。この結果に一喜一憂することなく、前を向いて受験を乗り越えてください。

本日で冬期講習の全日程が終了いたしました。約2週間、たいへんお疲れさまでした。
皆さんに書いていただいた冬期講習の感想を読ませてもらうと、ひとりひとり色んな思いで過ごしていたんだなと感じました。短い期間ではありましたが、精神面で大きく成長できたのではないでしょうか。
ここで得た経験は、これからの受験勉強はもちろん、高校生になっても必ず糧になると思います。

また、保護者様にも年末年始を通してご協力いただきまして本当にありがとうございました。

受験まで引き続きどうぞよろしくお願いいたします。



posted by KKCKKC at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月06日

冬期講習10日目

本日を持ちまして、冬期講習の全講義が終了いたしました。

本日は、毎日行っていた小テストの平均点を取り、その結果の一位〜三位を発表させていただきました。
一位の点数は88.5点(100点満点)とかなりの高得点でした。おめでとうございます。

冬期講習も残すところは、明日の最終模試のみとなります。

多くの中学生にとっては、今までにないほどの勉強量ではなかったでしょうか。
日が経つにつれ、緊張感や集中している様子がうかがえました。

冬期講習で使ったテキストやノートは受験勉強までつかっていただけます。また、小テストのやり直しをすることも良い復習になります。
入試本番まで本当にあとわずかとなりましたが、悔いのないように過ごしていただきたいです。


教育研究センタースタッフ一同、できる限りのお手伝いをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


posted by KKCKKC at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月04日

冬期講習9日目

あけましておめでとうございます。本年も何卒よろしくお願いいたします。

冬期講習9日目のご様子です。

【小テスト中です】
IMG_1920.JPG

IMG_1921.JPG

【小テスト直しの時間です】
IMG_1922.JPG

IMG_1923.JPG

本日は休み明けのため、小テストを通常より拡大して行いました。
問題数も時間もいつもの倍くらいになり、苦労している人もたくさんいましたが、休み期間をどう過ごしたかによって、点数に差が出たように思います。トップは9割近くとれていました。

また、毎回授業終了後に小テスト直しの時間を設けています。ここでは単純に間違いを直すだけでなく、生徒同士で教えあうようにしてもらっています。人に教えることは、自分自身の勉強にもつながることに、刺激を受けているようです。

次回の講習は1月6日(土)です。冬期講習の講義は最終となりますので、本日の内容をしっかり復習していただきたいです。

明日1月5日(金)の確認講座にご参加予定の方は、冬期講習会場ではなく塾で行いますので、お気をつけください。学校が終わればすぐにお越しいただければ結構です。

posted by KKCKKC at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月30日

冬期講習8日目

冬期講習8日目のご様子です。

【小テスト中です】
IMG_1905.JPG

IMG_1906.JPG

IMG_1907.JPG

IMG_1908.JPG

冬期講習も終盤に差し掛かり、初日と比べると1問1問集中して、そして丁寧に解くようになり、1点の大切さをわかってきたように思います。これは、これからの受験勉強においてすごく重要なことなので、常に意識し続けてください。

また、本日の授業で年内最終となります。ひとまずお疲れさまでした。
新年は1月4日からですが、この日のみ小テストが通常の10時からでなく9:40分から開始します。
小テストの時間は、通常の25分間から45分間に拡大され、問題数も大幅に増えますのでがんばってください。
問題は本日の授業内容と、復習内容+αを予定しておりますので、この4日間のお休み中は気を抜きすぎず、必ず勉強の時間は作るようにしましょう。


本年はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。


posted by KKCKKC at 17:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月29日

冬期講習7日目

冬期講習7日目のご様子です。

【英語の授業です】担当の須山先生です。
IMG_1898.JPG
なじみの少ない人もいると思いますが、教育研究センターで6年間、塾講師・家庭教師として大活躍してくれた京都大学の須山先生が、本日の授業をもって塾講師を卒業します。
次の4月からは東京で医師として働く(予定)です。国家試験がんばってください。

【理科の板書です】
IMG_1897.JPG
本日の理科の授業は「天体」でした。多くの中学校ではまだ習っていませんが、公立・私立問わず入試での出題頻度が高い単元なのでしっかり復習してください。

【お弁当シリーズです】
IMG_1900.JPG

IMG_1899.JPG

IMG_1901.JPG

IMG_1902.JPG

IMG_1903.JPG
大好評?のようなので、本日もアップしてみました。



冬期講習も7日目が終わり、明日の授業が年内最終となります。
一年の締めくくりとして、気持ちを入れて臨んでいただきたいです。



posted by KKCKKC at 18:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月28日

冬期講習6日目

冬期講習6日目のご様子です。

【お昼休み中のご様子です】
IMG_1887.JPG

IMG_1888.JPG
お昼休みはみんなリラックスして昼食を楽しんでいます。

【お弁当を撮らせてもらいました】
IMG_1889.JPG

IMG_1890.JPG

IMG_1891.JPG

IMG_1892.JPG

保護者様には、昼食のご用意などいろいろな面でご協力をいただきまして本当にありがとうございます。
冬期講習も半分が過ぎました。ここが頑張りどころです。


posted by KKCKKC at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ