自習席&夜の進路相談情報
    15日(月) ABコマ目
    16日(火) ABコマ目
    17日(水) @ABコマ目
    18日(木) 空席なし
    19日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2012年05月17日

【情報・日記】高校数学新課程2012〜

こんにちは。


再来週から、塾の先生でブログを回すのが楽しみな川本です。

最初に前回の問題の解答だけ書いておきます。

答えは、
A10B3C30
A15B2C30
A12B3C36
A18B2C36
A16B3C48
の5個です。


さて、今日は、高校の数学新課程についてお話します。

中学の新課程ばかり集中していたので、高校の新課程もちゃんと調べてみました。
衝撃を受けました。一言で言うと「かなり変わりました」。

一覧にすると



数T(3単位)

数と式
・数と集合
・式

※「数の集合」が中一、
「不等式」「二次方程式の解の公式」が中3へ
「三次式の展開、因数分解」が数Uへ移行
「集合と論理」(集合の要素の個数除く)が数Aから移行

二次関数
・二次関数とそのグラフ
・二次関数の値の変化

※「いろいろな事象と関数」が中3へ移行

図形と計量
・三角比
・図形の計量

※「球の表面積と体積」が中1へ
「相似な図形の面積比と体積比」が中3へ移行

データの分析
・データの散らばり
・データの相関

※「資料のちらばりと代表値」が中1へ移行



数A(3単位分から2単位選択)

場合の数と確率
・場合の数
・確率

※「集合の要素と個数」が数A「集合と論理」から
「条件付き確率」が数C「確率分布」から移行

整数の性質
・約数と倍数
・ユークリッドの互除法
・整数の性質の応用(剰余類、不定方程式、n進法)

※「ユークリッドの互除法」が数B「数値計算とコンピュータ」から
「n進法」が数基礎「数学と人間の活動」から移行
その他は、新しく学習することになった内容

図形の性質
・平面図形
・空間図形(作図、多面体、空間における直線や平面の位置関係、なす角)

※「円周角の定理の逆」が中3へ移行
「空間図形」は、新しく学習することになった内容



数U(4単位)

いろいろな式
・式と証明
・高次方程式

※「二項定理」が数A「場合の数と確率」から
「三次式の展開、因数分解」が数T「方程式と不等式」から移行

図形と方程式
・直線と円
・軌跡と領域

指数関数・対数関数
・指数関数
・対数関数

三角関数
・角の拡張
・三角関数
・三角関数の加法定理

微分・積分の考え
・微分の考え
・積分の考え



数B(3単位分から2単位選択)

数列
・数列とその和
・漸化式と数学的帰納法

ベクトル
・平面上のベクトル
・空間座標とベクトル

確率分布と統計的推測
・確率分布
・正規分布
・統計的な推測

※「期待値」が数A「場合の数と確率」から
「確率分布」「統計処理」が数Cから移行
「条件付き確率」が数Aへ
「標本調査」が中3へ移行



数V(5単位)

平面上の曲線と複素数平面
・平面上の曲線
・複素数平面

※「複素数平面」は、新しく学習することになった内容


極限
・数列とその極限
・関数とその極限

微分法
・導関数
・導関数の応用

積分法
・不定積分と定積分
・積分の応用(曲線の長さ)
※「曲線の長さ」は、新しく学習することになった内容



以上です。




つまりは、数学Cが無くなったということです。


行列が消えてしまったので、今の高校生は大学入って一般教養の「線形代数学」で、
地獄を味わうことでしょう笑



ボリューム的には、
数Tがあまり変わらず、
数Aがちょっと減り、
数Uがちょっと増え、
数Bが変化なし、
数Vは、増えたという感じです。



高校1年で、
数Tが簡単な上に量的にもちょっと楽になってなめていると、
高校2年で、
数Uの難しさとボリュームに打ちのめされてしまうのは目に見えています。




数Tができないと数Uを理解するのは難しいです!
高校1年生は、今のうちに簡単な単元を一つ一つ完璧にしていきましょう!



川本

P.S.私、これの前の前の課程なので、すごく年を感じます笑


家庭教師と個別塾の教育研究センター

HP:http://377410.com/

フリーダイヤル 0120-377-410 (平日13:00〜21:00)

までお気軽にお電話下さい。進学相談など承ります。

posted by KKCKKC at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 進学情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55909448

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ