自習席&夜の進路相談情報
    19日(水) @コマ目
    20日(木) @コマ目
    21日(金) @ABコマ目
    24日(月) @コマ目
    25日(火) Aコマ目
    26日(水) @Bコマ目
    27日(木) 空席なし
    28日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2010年11月25日

【塾ティ】日本語のはなし

こんばんは、はじめまして。



塾講師の植田といいます。「うえた」と読みます。

「うえだ」ではなくて、「うえた」です。



変わってる、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、なぜ「うえ」+「た」で「うえだ」となるのが普通なのでしょうか?

そのお話をしたいと思います。





日本語には「連濁(れんだく)」という規則があります。

2つの語がくっついたら、2つ目のアタマの音に『゛』がつく、

という規則です。



「ほん」+「たな」→「ほんだな」
「かわ」+「くつ」→「かわぐつ」

みたいなものですね。

考えてみると、いくらでも例が出てくると思います。でも・・・



これには例外もあります。



「ひと」+「かげ」は「ひとがげ」にはなりません。

「おお」+「さじ」も「おおざじ」にはなりませんね。

なんで?





これは、「もともと後ろの語に『゛』がついていると、連濁が起こらない」という法則があるからです。





ほかにも、「おやこ」は「親と子」という意味なので連濁が起こらないとか、


固有名詞には連濁が起こらないものもある、(私のように)


という法則もあります。






では問題です。


「ぬりはしばこ」と「ぬりばしばこ」の違いは何でしょうか。





正解は・・・


「ぬりはしばこ」は「ぬり」+「はしばこ」なので、


「塗りの箸箱」のことです。


後ろの「はしばこ」にすでに『゛』が入っているので、

「ばしばこ」とはならないんですね。




一方「ぬりばしばこ」は「ぬりばし」+「はこ」なので、

「塗り箸の箱」のことです。


こっちは「はこ」には『゛』が入っていないので、

「ばしばこ」となっていいんです。




普段何気なく使っている日本語にも、いろんな現象があるんですね。



では最後に…



「自作笛袋」はどういう意味でしょう。


「笛」は「ふえ」または「ぶえ」と読めますね。


それによって意味が変わるんですが・・・






長々と失礼しました。































posted by KKCKKC at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 塾ティーチャー日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41854692

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ