自習席&夜の進路相談情報
    15日(月) ABコマ目
    16日(火) ABコマ目
    17日(水) @ABコマ目
    18日(木) 空席なし
    19日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年10月12日

【塾ティ】語学学習/馬見新

お久しぶりです、馬見新です。

最近は気温の変動が激しく、過ごしにくい日々ですが、皆さん体調は崩していませんか?
私は、がっつり風邪をひいて塾にもご迷惑をかけてしまいました(すみません)


今回は何を書こうかと考えたのですが、語学学習について書こうと思います。

私は大学に入ったころから週に2回程度、オンライン英会話のレッスンを受講しています。
もう6年目ですし、会話もストレスなくできるようにはなりました。

しかし、最近になって難しいなあと思い始めたことがあります。
それは、話す言語によってある程度 ”性格を変える” 必要があることです。

日本語はニュアンスで会話する、悪く言えばまわりくどい言語です。
しかし、英語はたとえ自信がなくてもはっきりと断言する必要のある言語だと思います。
また、伝えたい気持ちが同じでも、言語の性格によって表現が大きくことなる例もたくさんあります。

頑張って = Take it easy

有難う(有るのが難しい。存在することは当然ではなく、難しいことなのに、自分以外の力によって存在していることだ。) = Thank you (あなたのおかげ)

慣用句なども同じ意味で表現が異なることが多々あります。


語学を学ぶのであれば、単に文法や発音だけでなくその言語の持つ性格を理解しなければいけないな、と感じる日々です。


…精進します( ˘ω˘ )


次回は藤村先生お願いします。


posted by KKCKKC at 14:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
馬見新先生、お疲れ様です!

確かに、言語とその使用者の気質(というかイメージ?)とには共通認識がある気がします!そう考えると、話す言語によって性格を変えるのはごく自然なことなのかもしれませんね〜
Posted by 小川 at 2017年10月12日 18:56
お疲れさまです。
ご無沙汰しております。
馬見新先生風邪は大丈夫ですか?
また塾でお会いしたいですねー
残りの学生生活楽しんでくださいね!
Posted by 木下 at 2017年10月19日 00:07
馬見新さん、こんにちは!
大学に入ってから今まで英会話続けてきたというのは初めて聞きました!継続は力なりです、すごいです!
言葉は文化であって、それを使う人たちの意識や背景を深く映していると思います。そんなことも考えてみると言葉に愛着が湧いてきますね。
またお会いしたら話聞かせてください!
Posted by 須山 at 2017年10月19日 00:34
お久しぶりです!
もう体調は大丈夫ですか?無理なさらないでくださいね!
6年間英会話を続けられたことで、私なんかよりはるかに英語の性質を俯瞰的に捉えられておられることに驚きました(°▽°)私は、英語喋ってる時と日本語を喋ってる時で気分が変えられの好きです!本当に人格が少し変わる気がします。こういう話もっとしたいので、次回お話しましょうね(^^)
Posted by りさこ at 2017年10月19日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181261876

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ