自習席&夜の進路相談情報
    15日(月) ABコマ目
    16日(火) ABコマ目
    17日(水) @ABコマ目
    18日(木) 空席なし
    19日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年06月22日

【塾ティ】初心忘れるべからず/浅井

こんにちは!浅井隼也です。

お久しぶりです。

私事ではありますが、就職活動が無事終わりました!5月はそのためお休みをいただくことが多く、なかなか塾に入れませんでしたが、また毎週木曜日に出没することと思います。

よろしくお願いします!


さて、今回は理想と現実について最近思ったこと書きたいと思います。

僕たち京大サッカー部は、大儀見浩介さんが代表を務めるメンタリスタという会社と契約して、メンタルを強くするメンタルトレーニングに取り組み始めました。

そうです、サッカー女子日本代表の永里優季(大儀見優季)選手の元旦那さんです。


その手始めに精神力を点数化するテストを部員全員で行いました。
いろんな項目があったのですが、その中でも一番気になったのは自己実現意欲という項目でした。

この項目は、なんと4回生は低い人が多く1回生は総じて高いという結果になったのです。




これってどういう意味があるんでしょう?


僕らは体育会サッカー部なわけで、全員自分のレベルを上げることを考えているのは言うまでもない。

しかし4回生はあと半年で引退であり、自分の伸び代にもある程度気づいてしまっていたり、また監督がいないため、部の運営の中心としての役割も担ったりしなければならない。
要は、自分はもうそんなに伸び代ないよなーとか、部の運営もしなくてはといった現実がチラつくのである。


一方、1回生は入部したてで、自分のプレーヤーとしての可能性にチャレンジしよう!と燃えに燃えまくっている。あと3年半もあり、部の運営は上回生が回してくれるのだから、現実がチラつくことはほぼない。




つまりそういった現実がチラついているかどうかが、自己実現意欲の差に現れているのかな?と僕は思った。

僕自身テストの結果、自己実現意欲が低かった。自分ではそんなに低いなんて思っていなかった。でも、考えてみると回生が上がるにつれて、無意識に自分の掲げる理想は現実的なものになっていた。



プロのアスリートは自己実現意欲が高い。

僕ももう一度大きな目標を掲げてみようと思った。3年前の入部した日の気持ちを思い出して。





初心忘れるべからず。




…次回は玉井先生お願いします!

posted by KKCKKC at 16:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
あー、大儀見さんね…はいはい。
あのサッカー女子日本代表の永里優季(大儀見優季)選手の元旦那さんね。うん。
Posted by むら at 2017年06月22日 16:16
お疲れ様です!就職活動の方も、本当にお疲れ様でしたm(._.)m

自分を分析してくれるテストって、結果を見るだけでも楽しいですが、その結果を自分で分析するのもまた楽しいですよね・:*+.\(( °ω° ))/.:+
Posted by 小川 at 2017年06月23日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180124269

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ