自習席&夜の進路相談情報
    15日(月) ABコマ目
    16日(火) ABコマ目
    17日(水) @ABコマ目
    18日(木) 空席なし
    19日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年03月16日

【日記】地球とサッカーの関係性 〜色彩に見る、歴史的考察を経て〜/片山

中学生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

あっという間の3年間だったのではないでしょうか。中学の最後に「受験」を経験をして(経て)、その中で、挫折や葛藤があり、いろいろな思いを乗り越えて(経て)高校生になるということは、とても意味のあることです。

中には、希望する学校、コースに行けず、悔しい思いをした生徒もいると思います。

ただ、高校がゴールではありません。どの高校に進んだかということではなく、進学した高校で、どのように過ごすか、何を学ぶかが重要です。

もちろん勉強だけではなく、いろいろな人と出会い、様々な経験をすると思います。
個人的な話になりますが、私の高校時代は、間違いなく中学校の何百倍も、何万倍も楽しかったです。
一生の友達に出会えるかもしれません。自分を劇的に変えてくれる恩師に巡り合うかもしれません。進むべき道が、将来が、決まるくらいの経験をするかもしれません。

でも、何もしなくても高校生活はあっという間に過ぎ去っていきます。
どんな3年間になるのかは、自分次第です。

それぐらい大切で、希望に満ち溢れた高校生活が4月から始まります。もちろん義務教育ではないので、責任も今よりも大きくなります。
そうした中で、皆さんがどうやって大人になっていくのか本当に楽しみにしています。


さて卒業といえば、先週、教育研究センターにも激震が走りました。
全米が泣きました。

川本先生の卒業が発表されました。
思えば、川本先生との出会いは、彼がまだ学生で、家庭教師として研修に来たときでした。
そこから、シイタケ苦手話で盛り上がり、同盟を結び、現在にいたります。

そこからいろいろなことがありました。
毎年キャンプに行ったこと。キャンプで気持ちよく目覚めた朝、テントの中にカブトムシを放り投げられ、パニックになったこと。

原付の免許試験に、京大生の、塾講師の、カリスマの、あの、川本先生が落ちたこと。その時にたまたま一緒に受けていた教え子が合格していて、教え子から、次回のために問題集を譲り受けたこと。

平成22年2月22日、22時22分の切符が欲しくて、2人で、その時間になるまで1時間も券売機の前で待ったこと。僕たちの後ろにはたくさんの行列ができていましたね。

ボーリングの勝負で、最後の一投まで勝負がもつれて、とても盛り上がったこと。
勝ち続けていた卓球で、初めて川本先生に負けたあと、それから2年近くも勝負を拒否され続け、勝ち逃げされるところだったこと。
大人げなかったです。
ボーリングも卓球も、今のところチャンピオンベルトは片山が保持してます。でももう勝負はしません。

さらには、川本先生が作ってくれたチキンカレーがほんとに美味しかったこと。朝方まで遊んで、朝に食べたそのカレーが、さらに美味しくなっていて叫んだこと。

事務所のOBたちと神戸に遊びに行ったとき、お忍びの川本先生に偶然出くわしたこと。
神様は見ていますよ。

川本先生が、塾の生徒にデート現場を目撃されたこと。
神様は見ていますよ。

弁当買って来てと彼に頼んだとき、シイタケ入りの弁当を、あえて買って来たこと。そして結局ゲームに負けて自分で食べるはめになったこと。
ほんとに、今でも意味がわかりません。

いろいろなことがありました。

忘れもしません、平成24年12月24日の冬期講習の理科の講義。トナカイのかぶり物をした彼が現れ、その姿のまま、授業を行いました。
まじめに。

なんのボケもなく。

そのかぶり物の話題に触れることもなく。
最後まで。

その姿のまま。

そう
あの日彼は伝説となりました。

ただ、彼に聞くと、「あれは僕ではないんです。都合が悪くなったので、牛丸さんという方にお願いしたんです」と。
そう話す彼を、12月の優しい光が包み込んでいました。

またフットサル大会では、忍者の格好で参加し、走り方、プレースタイルも忍者のそれのようだったこと。
さらに誰も気づかない間に、後半は忍者から侍(サムライ)姿に変わっていたこと。

そして、「忍者とサムライでは、走り方も変えていたんです」と、自慢げに話す彼の目は確かに澄んでいました。

そんな彼も卒業します。
ただ、離れていても大丈夫です。

だって地球は丸いから。

そして、私たちには川本先生の魂を受け継いだ素晴らしい講師陣がいます。
さらに、今年高校を卒業した塾生の中にも、教育研究センターで、講師をしたいと言ってくれている生徒もいます。

なので、川本先生には安心して旅立って欲しいです。

大丈夫です。

だって地球は青いから。

空も青いから。
海も青いから。

サムライブルー。
頑張れサッカー日本代表。

20100222233531.jpg

483296_403473396400036_605613731_n.jpg

1489677397495-1.jpg1489731472132-1.jpg



posted by KKCKKC at 23:14 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
片山さんの今回のブログに間違いを見つけたのである方の代わりに訂正をいれておきますm(_ _)m
ボーリングのチャンピオンベルトは藤本くんが所持しております。
次は私も参加するので、ボーリング大会しましょう(o^^o)
Posted by おか at 2017年03月16日 23:34
岡さん
違うんです。

得点と年齢を公式ルールにのっとって、計算式にいれると、一位なんです。

でも、ここでは川本くんとの勝負なので、どちらにしてもチャンピオンなんです。
Posted by 片山 at 2017年03月17日 00:32
ボーリングのチャンピオンベルト、そんなに欲しいなら私が手作りしましょうか…

塾の歴史が垣間見えますね笑
片山さんの文体、読んでて楽しいです\( ˆoˆ )/
Posted by 小川 at 2017年03月17日 13:33
小川先生
地球もサッカーボールも丸いのです
地球もサッカー日本代表も青いのです

そして、常にベルトは欲しいのです

ただ、小川先生があまりに不器用なので、手作りは大丈夫です。
Posted by 片山 at 2017年03月18日 01:24
ブログありがとうございます。
夢がまた一つ叶いました。
訂正ですがテントの中に虫を入れたのは僕でなくて元カノです。
原付免許は「川本ならノー勉でいけるやろ」という言葉に騙されました。

もう一つ訂正、
卓球も田辺先生がチャンピオンです。

しいたけを5秒ガジガジするという追加ルールは金輪際無しにしましょう。

牛丸先輩は、正確には平成25年12月26日でした。クリスマス・イブは、一年で一番忙しい日だそうです。

優秀な講師陣のおかげで安心して卒業できそうです。

しいたけ同盟永遠なれ!
Posted by 川本 at 2017年03月19日 22:38
片山さんの深いのか浅いのか謎な言い回しすごく面白いです!笑
ぜひまたボーリング大会、テニス大会、バドミントン大会を開催しましょう(*´▽`*)ノ))
Posted by 上山 at 2017年03月20日 10:12
片山さんお疲れさまです!
ブログ面白かったです〜
さすが片山先輩にはかなわないですね!
切符の話ははじめて聞きましたが、
世間に迷惑をかけるのはやめましょう!

またおすすめの本の話しましょう!
ありがとうございました!
Posted by 木下 at 2017年03月20日 11:30
2年間お世話になりました。最初の出会いは、実は家庭教師の登録でしたね。百万遍のマックでお話ししましたね。その時はまだ普通のお方と認識してました。今や講師陣トップの変人です。トップクラスじゃないです。トップです。そんな片山先生もキメる時はキメる。どんなに離れても、地球は丸い。沁みました。今後引用させていただきます。青いから安心、は、まだちょっとわからないです。また遊びに行きます。
Posted by やまぐち at 2017年03月20日 18:38
川本先生
川本との思い出を辿りながら、号泣しながら書きました。個人としても最後のブログになるため、一生懸命書きました。

負けた記憶は、時として、頭の中で捻じ曲げられてしまうことも承知しています。
大切なのは、勝ち負けではなく、2人が確かにそこに、丸い地球の上に、いたということです。
頑張れ日本!
Posted by 片山 at 2017年03月21日 22:26
上山先生
今度は上山先生が是非企画してください。
チャンピオンらしく、決勝戦から参加させていただきます。
Posted by 片山 at 2017年03月21日 22:29
木下先生。
木下先生がこのブログを読んでいるということは、もう僕はここにはいないということですね。

きっしーがおすすめの本を次々に紹介してくれて、本当に感謝しています。
読書をしているときの僕は、「落ち着きがない」と小学生の頃より言われ続けた40年の呪縛から、解放されたように穏やかです。
Posted by 片山 at 2017年03月21日 22:41
山口先生。
かつて、川本先生のさしがねにより「スタッフの中で誰が一番変人か」という意味の分からない投票がありました。

その投票結果でも、僕は上位に位置していたように思います。

普段あまり接することがない指導員や、入って間もない指導員の方からも票をいただきました。

そして、「川本先生が一番まともだ」という結果でした。

やはり何らかの力が働いていたということは、想像に難くないでしょう。
Posted by 片山 at 2017年03月21日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179115104

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ