自習席&夜の進路相談情報
    15日(月) ABコマ目
    16日(火) ABコマ目
    17日(水) @ABコマ目
    18日(木) 空席なし
    19日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年01月06日

【塾ティ】進路の決め方の一例/馬見新


お久しぶりです、馬見新です。

何を記事にしようか迷ったのですが、そろそろ受験シーズンということで、私自身の受験期を振り返ってみようと思います。


中学受験
「転勤族だから寮のある学校に行くため」という安易な理由で受験をすることに。県内で有名なところを受験した、という感じなので特に悩まず。

高校受験
中高一貫のためなし。

大学受験
進路決定に悩みまくりました。なんとなく物理は好きだけど、将来の目標などはなく、大学はおろか学部さえも決まらないまま高2を終えてしまいました。
そんな中、自分の小さい頃からの興味を振り返ってみたところ、漠然と航空宇宙が好きだということに気がつきました。育った土地が鹿児島という航空宇宙を身近に感じることのできる場所だからか(ロケットの打ち上げを肉眼で見ることができます!)、自然の力に逆らってぐんぐん高くのぼっていくロケットや、多くの人や貨物を乗せて優雅に飛び回る飛行機に対する憧れが強かったように思います。

次に考えたのは、どうやったらそこに関わる仕事につけるのか、です。
いろいろ調べた結果、宇宙飛行士やパイロットだけでなく、宇宙自体の研究者やロケットの部品の設計者など、たくさんの関わり方があることを知りました。

そこで私は、材料や物理をもっと勉強して、ロケットや航空機を作るような仕事をしたいと思うようになりました。

そのために実践的な物理のことをより深く勉強できる工学部物理工学科を選択し、さらに一度訪れてその美しさに心を奪われた京都の大学を選択しました。

大学院入試
ここではどこを受験するかというよりは、受験するか就職するかの選択でした。

私の場合には、大学で学んだ座学のみならず、より実践的なことも学びたいと考えて大学院への進学を選択しました。



「やりたいことがない」「行きたい学校がない」「勉強の意義がわからない」という気持ちのままでいては、なんとなくでしか選択肢を選ぶことができないと思います。
興味のあること、憧れる仕事、なんでもいいのでもう少し深く調べてみて、もっと興味が深まればその道を選択してもいいし、興味が薄れればまた別の道を探せばいいと思います。

少しでも興味があることにはアンテナを向けて自分からいろいろ調べてみると、進路決定の一助になるのではないでしょうか。

また、進路は決める直前まで悩むのが当然だと思いますが、その前にたくさん調べて知識を蓄えておくと、選択肢も広がるように思います。


次は浅井先生お願いします!
posted by KKCKKC at 11:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 塾ティーチャー日記
この記事へのコメント
明けましておめでとう!
一発目ありがとう!!
進路に悩む高校生の心に刺さるメッセージやね!
今年も馬見新さんに幸あれ!
Posted by 川本 at 2017年01月08日 10:15
受ける前にその学校のことを徹底的に調べるべきですね、本当に!私はあまり調べずに高校受験をして、入ってみたらまさかのプール授業が存在し(当時はけのびすら出来ないレベルだったので)、驚愕した思い出があります笑
Posted by 小川 at 2017年01月16日 10:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178296040

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ