自習席&夜の進路相談情報
    19日(水) @コマ目
    20日(木) @コマ目
    21日(金) @ABコマ目
    24日(月) @コマ目
    25日(火) Aコマ目
    26日(水) @Bコマ目
    27日(木) 空席なし
    28日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2016年07月14日

【日記】テストの点数を上げるには(永久保存版)/川本

こんにちは。

川本まじめです。
小学生、中学生、高校生のみなさん!あ、大学生、大人のみなさん!
今回のブログは、永久保存版です(笑)

今日のテーマは、「テストの点数」!

小学校から中学、高校、大学、就職、社会に出てからも資格のために、
人は、一生の中で、テストに何度も挑戦して成長した大人になっていきます。
おそらく良いテストの点数をとれば、親も喜ぶし、自分も嬉しいとみんな思っていると思います。

テストの点数を上げるには、
まず、テストの点数に関わることを整理する必要があります。
その中で、

@「何が足りていないか」を抽出し、
A「何をするべきか」を考え、
B「こうしていこう」と計画、実行すること

が、学力を上げながらテストの点数を上げる最善の手段です。




川本がまじめに分析、整理しました。

★点数を上下させる要素★

A 類似問題を解いた経験、完成度
B 単純ミス
C 問題の読み取り
D 時間配分の適切さ
E テストを作った先生が平均点設定した難易度と実際の学力とのズレ
 (実際の平均レベルの学力の生徒が解ける問題のそもそもの割合)


などが、ぱっと思いつきました。




具体的な2人の例で見てみましょう。

まずは、
【少志 出来流 ちゃん(すこし できる ちゃん)】の場合 第一回定期テスト数学

A 90%の範囲の類似問題を解き、80%の完成度
B 3%のミス
C 読み取りは100%成功
D 時間配分成功(時間が足りた)
E 平均点60あたりで、ほぼズレがなかった。

100点×0.90×0.80×0.97×1.00×1.00×1.00≒70点

(コメント)
なかなか良い点数ですね。テスト勉強もよくできていて、1問程度のミスはあるものの、
時間配分も上手くいったので、お母さんには、「まあまあ頑張った」
先生にも「少し○○ができる子」として評価してもらえそうです。
今後の頑張りどころは、「類似問題をもっとたくさん解き、理解度もあげる勉強」です!




続いて
【甘利 竹刀 くん(あまり しない くん)】の場合 第一回定期テスト数学

A 80%の範囲の類似問題を解き、60%の完成度
B 5%のミス
C 読み取りは90%
D 時間配分失敗(70%あたりで時間終わる)
E 平均点60あたりで、ズレがほぼなかった。

100点×0.80×0.60×0.95×0.90×0.70×1.00=29点

(コメント)
ピンチです。機嫌の良いときのお母さんにも怒られる点数です。
せっかく類似問題を解いたのに、完成度が低いので、同じ問題を繰り返し解いて、自力で解けるまで理解度を上げ、ギリギリまで問題に触れましょう。繰り返すことで、単純なミスも減らせます。読み取りは、今までの国語の力が関わっています。文章を読む練習が必要です。時間配分に関しては、80点90点をいきなり狙うのではなく、まずは解ける問題の見極めをして、解ける問題にだけ時間を使う作戦でいきましょう。




もいっちょ
【少志 出来流 ちゃん(すこし できる ちゃん)】の場合 第二回定期テスト数学

A 100%の範囲の類似問題を解き、85%の完成度
B 3%のミス
C 読み取りは100%成功
D 時間配分成功(時間が足りた)
E 平均点45あたりで、少し難しかった。

100点×1.00×0.85×0.97×1.00×1.00×0.75≒62点

(コメント)
前回に比べて、類似問題の演習量も密度も上がって、頑張ってテスト勉強に取り組んだことが見えます。
しかし、頑張ったにもかかわらず、点数が下がってしまっているため、親も数学が悪くなったと受け取ってしまい、挙句の果てに、唯一の味方である、自分自身もダメになったと考えてしまうのは、大問題です
Aの頑張り部分は、親にも先生にも間接的には見えにくい部分なので、「一人あたり15点下がるぐらい難しくなったテストを、8点マイナスで食い止めた」と自分自身だけでも、前回より頑張った部分を評価してあげましょう。(先生は、その分は考慮に入れて評価してくれていると思いますが)




最後に
あくまで、この点数計算は目安であり、今まで真面目に類似問題を解き、頭を使って考えてきた人は、
Aの類似問題を解かなくても、応用力、思考力で補うこともできます。
応用力、思考力がつけば、Eの難易度に対して、大きく揺さぶられることも減ります。

「点数が下がった」または「上がらない」と悩んでいる人は、A〜Eの項目を自分で分析してみて、どこを優先して努力するか計画を立てて、次のテストに挑んでみて下さい。


P.S.
中3の小テストでおなじみの川本オリキャラLINEスタンプ第二弾(動くスタンプ)承認されました。
アニメーションスタンプだから高い!そして売れてない!
https://twitter.com/rikioni2/status/749236953862709253
blogpngtop.png
posted by KKCKKC at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176074162

この記事へのトラックバック
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ