自習席&夜の進路相談情報
    27日(月) @コマ目
    28日(火) @ABコマ目
    29日(水) @Bコマ目
    30日(木) @Bコマ目
    31日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年06月15日

【塾ティ】まるたけえびす/藤村

お久しぶりです、藤村です! 本当に久しぶりなので簡単な自己紹介をします。

僕は京都大学工学部電気電子工学科に所属しています。また、少林寺拳法部にも所属しています。もうすぐ引退なので泣いています。100%嬉し泣きです笑 この塾でお世話になり始めたのは約2年前からで、ブログの担当はこれが3回目になります。



さて本題に入りますが、今回は京都の通り名の覚え歌について書きます。京都人は学校で教わるらしいので馴染み深いかもしれませんが、僕にとっては新鮮だったので紹介したいと思います。

京都の特徴の一つとして、市内に見られるような東西南北に直交する碁盤の目状の道路が挙げられます。これらの道路の名前を全て覚えるのは大変です…(別に覚えなくてもそんなに困らない気はしますが)

そんな時に役立つのが通り名の覚え歌です! 実際どんなものなのか聞いてみましょう。下の動画を再生してください。

https://m.youtube.com/watch?v=54DSRc54n1o


この覚え歌は通り名の頭文字を取って歌にしており、簡単にいえば語呂合わせです。東西の通りと南北の通り、それぞれの覚え歌は、その歌い出しから丸竹夷(まるたけえびす)、寺御幸(てらごこう)と呼ばれています。

興味があれば、どの歌詞がどの通りに対応しているのか調べてみてください。また、どちらの歌にもいくつかのバリエーションがあるようなので、それを調べてみるのもいいでしょう。


以上、京都の通り名の覚え歌でした。実生活で使う機会はほとんどないかもしれませんが、ちょっとした話のネタにでもしてもらえると嬉しいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!



次回は、浅井先生お願いいたします!

posted by KKCKKC at 13:41 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ