自習席&夜の進路相談情報
    27日(月) @コマ目
    28日(火) @ABコマ目
    29日(水) @Bコマ目
    30日(木) @Bコマ目
    31日(金) @コマ目
 ぜひ自習席および進路相談をご利用ください。
川本厳選GIFコーナー    buEIf0_480.gif

2017年03月16日

【日記】地球とサッカーの関係性 〜色彩に見る、歴史的考察を経て〜/片山

中学生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。

あっという間の3年間だったのではないでしょうか。中学の最後に「受験」を経験をして(経て)、その中で、挫折や葛藤があり、いろいろな思いを乗り越えて(経て)高校生になるということは、とても意味のあることです。

中には、希望する学校、コースに行けず、悔しい思いをした生徒もいると思います。

ただ、高校がゴールではありません。どの高校に進んだかということではなく、進学した高校で、どのように過ごすか、何を学ぶかが重要です。

もちろん勉強だけではなく、いろいろな人と出会い、様々な経験をすると思います。
個人的な話になりますが、私の高校時代は、間違いなく中学校の何百倍も、何万倍も楽しかったです。
一生の友達に出会えるかもしれません。自分を劇的に変えてくれる恩師に巡り合うかもしれません。進むべき道が、将来が、決まるくらいの経験をするかもしれません。

でも、何もしなくても高校生活はあっという間に過ぎ去っていきます。
どんな3年間になるのかは、自分次第です。

それぐらい大切で、希望に満ち溢れた高校生活が4月から始まります。もちろん義務教育ではないので、責任も今よりも大きくなります。
そうした中で、皆さんがどうやって大人になっていくのか本当に楽しみにしています。


さて卒業といえば、先週、教育研究センターにも激震が走りました。
全米が泣きました。

川本先生の卒業が発表されました。
思えば、川本先生との出会いは、彼がまだ学生で、家庭教師として研修に来たときでした。
そこから、シイタケ苦手話で盛り上がり、同盟を結び、現在にいたります。

そこからいろいろなことがありました。
毎年キャンプに行ったこと。キャンプで気持ちよく目覚めた朝、テントの中にカブトムシを放り投げられ、パニックになったこと。

原付の免許試験に、京大生の、塾講師の、カリスマの、あの、川本先生が落ちたこと。その時にたまたま一緒に受けていた教え子が合格していて、教え子から、次回のために問題集を譲り受けたこと。

平成22年2月22日、22時22分の切符が欲しくて、2人で、その時間になるまで1時間も券売機の前で待ったこと。僕たちの後ろにはたくさんの行列ができていましたね。

ボーリングの勝負で、最後の一投まで勝負がもつれて、とても盛り上がったこと。
勝ち続けていた卓球で、初めて川本先生に負けたあと、それから2年近くも勝負を拒否され続け、勝ち逃げされるところだったこと。
大人げなかったです。
ボーリングも卓球も、今のところチャンピオンベルトは片山が保持してます。でももう勝負はしません。

さらには、川本先生が作ってくれたチキンカレーがほんとに美味しかったこと。朝方まで遊んで、朝に食べたそのカレーが、さらに美味しくなっていて叫んだこと。

事務所のOBたちと神戸に遊びに行ったとき、お忍びの川本先生に偶然出くわしたこと。
神様は見ていますよ。

川本先生が、塾の生徒にデート現場を目撃されたこと。
神様は見ていますよ。

弁当買って来てと彼に頼んだとき、シイタケ入りの弁当を、あえて買って来たこと。そして結局ゲームに負けて自分で食べるはめになったこと。
ほんとに、今でも意味がわかりません。

いろいろなことがありました。

忘れもしません、平成24年12月24日の冬期講習の理科の講義。トナカイのかぶり物をした彼が現れ、その姿のまま、授業を行いました。
まじめに。

なんのボケもなく。

そのかぶり物の話題に触れることもなく。
最後まで。

その姿のまま。

そう
あの日彼は伝説となりました。

ただ、彼に聞くと、「あれは僕ではないんです。都合が悪くなったので、牛丸さんという方にお願いしたんです」と。
そう話す彼を、12月の優しい光が包み込んでいました。

またフットサル大会では、忍者の格好で参加し、走り方、プレースタイルも忍者のそれのようだったこと。
さらに誰も気づかない間に、後半は忍者から侍(サムライ)姿に変わっていたこと。

そして、「忍者とサムライでは、走り方も変えていたんです」と、自慢げに話す彼の目は確かに澄んでいました。

そんな彼も卒業します。
ただ、離れていても大丈夫です。

だって地球は丸いから。

そして、私たちには川本先生の魂を受け継いだ素晴らしい講師陣がいます。
さらに、今年高校を卒業した塾生の中にも、教育研究センターで、講師をしたいと言ってくれている生徒もいます。

なので、川本先生には安心して旅立って欲しいです。

大丈夫です。

だって地球は青いから。

空も青いから。
海も青いから。

サムライブルー。
頑張れサッカー日本代表。

20100222233531.jpg

483296_403473396400036_605613731_n.jpg

1489677397495-1.jpg1489731472132-1.jpg



posted by KKCKKC at 23:14 | Comment(12) | TrackBack(0) | 日記

【日記】無題2/村田

流れる季節の真ん中でふと日の長さを感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんにちは、村田さんです。

川本さんから指名されましたので、仕方なく喜んでブログを書かせていただきます。前回は6年前だそうです。GE・KI・レア☆です。ちなみに過去の記事を探すことは許しません。

今回はボケなしでいきます。

さて、3月も半ばが過ぎました。春ですよ。
春と言えば出会いの季節ですが、特にこの4月から新しい高校や大学、もしくは新しい職場など環境が大きく変わる皆様に、私からありがたいお言葉を1つだけ申し上げたいと思う次第でございます。心して聞け。

「環境が変わる」とは、いろんな要素を指しますが、私が思うに、一番大きな変化は、周りの人間の多くが知らない人たちになる、ということではないでしょうか。
これは、楽しみでもあり、不安でもあります。
その中には自分と同じ趣味や近い考えを持っている「合うひと」もいれば、当然「合わないひと」もたくさんいます。世の中には本当にいろんな人がいます。育ってきた環境が違うから好き嫌いは否めないのです。セロリが好きだったりすることもあります。

では、そういう「合わないひと」と出会ったときにどうしましょう。その人を避けてしまえば簡単かもしれない。自分だけが心地いい空間を楽に作れるかもしれない。
けど、そういう人の意見もちゃんと聞いてみましょう。受け入れるようにしてみましょう。「自分とは合わないから、あの人とは付き合わない」という判断ばかりだと、世界が広がりません。最初は「合わない」と思っていた人でも、すごく仲良くなれることもあるかもしれません。

そういう色んな人がいる中で大切なことは、自分の意見をしっかり持って、周りに流されないことと、時には自分の意見を抑えて周りに合わせることです。
新しい環境で、自分も周りの人たちも心地いい空間を作ってみてください。

そして、もうひとつ。
春と言えば別れの季節とも言います。
が、離れることとお別れすることは違います。会おうと思えばいつでも会えます。
寂しく思いますが、悲しくはありません。本当に悲しいことは、その人を忘れてしまうこと、忘れられてしまうことです。だから、今いる友達や周りのひとたちを忘れないようにして下さい。そして、忘れられないようにして下さい。
距離が離れてしまっても、大したことはありません。ただの距離です。
だから、私は1年ぶりに会えた人も5年ぶりの人も10年ぶりの人も、いつも通りにしています。忘れていないからです。
「ひさしぶりに会うのに全然びっくりしない!」と、某Aらき先生からはよく文句を言われますが、彼のことはたまに忘れています。

それはさておき、これから皆さんが出会う人の多くがそういう人であればいいなと心から祈っております。



・・・いまいち何を言っているのかわからなかった人。安心して下さい、私もよくわかりません。
まあ、なんとなーくの雰囲気が伝われば良しとします。



さて、長くなりましたのでこの辺で筆を置こうと思います。


では、また6年後にお会いしましょう。(了)
posted by KKCKKC at 16:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記
    ブログ読んだら、教育研究センターのために
    ↓↓↓毎回ぽちっとお願いします♪ by 川本

    ブログランキング・にほんブログ村へ